FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第2回カマイサミット in 西表 

「第2回カマイサミット in 西表」をご紹介します。NPO法人ゆいまーる琉球の自治の理事である、石垣金星さんからご案内を受けました。

今年12月15日から16日まで西表島、租納公民館で開催されます。チラシには「西表の狩猟文化継承の為に! 正しい捕り方・正しい食べ方」という文字があります。

カマイとは西表の言葉でイノシシを意味します。祖納の人々の気質をカマイにたとえて「スネカマイ(祖納のイノシシ)」と呼ばれています。

祖納の人々は歴史的、文化的にカマイと深い関係を築いてきました。12年前の亥年に沖縄島のヤンバル奥部落で第一回のカマイサミットが開催され、今回は第2回目。3回目は12年後となります。

このサミットでは台湾、琉球の島々でカマイ猟をされている方とも交流できるそうです。カマイを通じて、琉球の文化、歴史、人間と自然との関係、台湾・琉球の人々との交流等、多くのことを学べそうです。

今年は台風の来襲が多く、森の被害も大きく、カマイたちの生活にとっても厳しい状況だそうです。その中でカマイと人間との関係について考えてみたいです。               
  (上記文章は 第2回カマイサミットin 西表・実施要項を参考にしました。)

15日は10時半に開場、受付が行われ、研究発表は13時半から、18時には台湾、琉球のカマイ猟師参加によるシンポジウムが行われます。21時から懇親会。

16日は午前中、猪垣の見学。午後はフリーディスカッションが15時までです。

私も参加する予定です。

参加希望者はカマイサミット西表事務局 khamaisummit07@gmail.com

または電話098-85-6303 FAX098-85-6018(石垣金星宛)までよろしくお願いします。

スポンサーサイト



<< ゆいまーる会議⑤ | ホーム | 国際開発学会関連写真② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP