FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平安座島、宮城島、伊計島、揚水発電所の写真 2

昨日同様、前利さんから送っていただいた写真をご紹介します。

IMG_0405.jpg
平安座島の村とCTSの間には山があり、事故発生に備えて緩衝地帯を設けていると思います。15,6年前ににCTSを調査したことがありますが、その際、CTSの中に入り、事務所でも資料をもらいましたが、石油備蓄以外にも、野菜の栽培等の事業も行っていました。CTSは西原町にもあり、ブラジルの大きな石油資本が進出しました。沖縄県における最大の移出産物は石油製品です。

IMG_0412.jpg
上から見ると、たくさんのタンクがあることがわかります。平安座島、宮城島は学術研究上でも注目されており、多くの人類学者が研究の対象にしている地域でもあります。「伝統と近代のせめぎあい」が如実にみられる所としてでしょうか。

IMG_0420.jpg
右側にあるのが宮城島です。宮城島は最後までCTSに反対した島であり、いまでもコミュニティの力が強く、リゾート計画にも強い反対があったそうです。ぬちまーすという、製塩工場がありますが、地元企業であり、環境や地元信仰にも配慮した企業として、その設置が認められたそうです。

IMG_0426.jpg
宮城島は農業を中心とした島であることがわかります。

IMG_0442.jpg
さらに右手に見えるのが伊計島です。この島はビーチが有名であり、私が沖縄島に住んでいた頃、泳いだことがあります。島には大きなリゾートがあり、以前、この島にった時には無料でその施設内を見学できましたが、今回は、入場料500円を請求されましたので、監視所の前で車をUターンさせて戻りました。琉球にもこのような租界地のような場所が増えていると思います。

スポンサーサイト



<< 平安座島、宮城島、伊計島、揚水発電所の写真 3 | ホーム | 平安座島、宮城島、伊計島、揚水発電所の写真 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP