FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄タイムス魚眼レンズでの紹介

8月27日の沖縄タイムス魚眼レンズにパラオと、ゆいまーるの集いについて触れた記事がありますので、以下にご紹介します。タイムスの与儀記者が記事にしてくれました。

8月19日に沖縄県庁に行ってたしかめたのですが、オセアニア地域において、県庁の名簿に県人会登録がされているのは、豪州とニューカレドニアしかあり万でした。グアムとハワイはアメリカ合衆国ですから、合衆国内の県人会として登録されています。

つまり、戦前、琉球人の多くが移住し、島の方にお世話になったミクロネシア諸島の島々が含まれていません。パラオには琉球人が住んでおり、県人会もありますので、県庁に登録するための手続きのお手伝いをしたいと思います。

9月1日から7日までのパラオ滞在となりますが、多くの方と会い、話をして、島の実態を目を凝らしてみて、パラオの自治から学ぶべきことを体得してきたいと思います。それを学生と話し合いながら相互の理解を深めていきたいです。




「9月に学生とパラオと沖縄を結ぶ体験学習をする」と話す龍谷大学教授の松島泰勝さん。「人口2万人の国が自然と文化を残し発展している。学生には現地の人々と触れあいながら学んでほしい」と強調する。

 パラオには沖縄県人会もあるが「県庁の県人会名簿などに登録されていないため、これまで『世界のウチナーンチュ大会』にはほとんど参加していない。だが、南洋群島とのかかわりなどもあり沖縄との関係は重要だ」と説明。

 現地ではパラオ大統領とも面会する予定で「持続可能な発展について話したい」と強調。11月には平安座島で地域の自治を考える「ゆいまーる琉球の自治の集い」の開催も予定。今後の活動に意気込んでいる。


スポンサーサイト



<< ニウエの代替エネルギー、ミクロネシアの挑戦、トンガのカボチャ | ホーム | 平安座島、宮城島、伊計島、揚水発電所の写真 3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP