FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニウエの代替エネルギー、ミクロネシアの挑戦、トンガのカボチャ

2005年11月、12月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
ニウエとは人口1500人程度の、ニュージーランドと自由連合協定を結んだ国です。内政自治権、外交権をもっています。中国と国交を結んでいます。島嶼において代替エネルギーへの転換が進んでいます。


12/15 PIR
 ニウエにおいて代替エネルギーが開発されようとしている。

ニウエは、再生可能なエネルギー源だけを利用する、世界で最初の国になろうとしている。現在、輸入したディーゼルに全てのエネルギー源を頼っているが、ニウエと環境団体、グリンピースが協力して、今後、風力発電にシフトしていくことになった。

ヤング・ビビアン・ニウエ首相は、燃料コスト、環境への影響を考えると、再生可能エネルギーにシフトするという考えは説得力をもつと述べた。グリンピースのフリッツパトリック氏は、燃料の確実な供給が不足している状態は太平洋諸国の大半が直面している現実的な問題であると述べた。


現在のパラオの大統領は、トリビオンさんです。来週、パラオに行きますが、ミクロネシアの挑戦の進展状況についても聞いてみたいです。


12/30 PIR
 パラオのレメンゲソウ大統領が「ミクロネシアの挑戦」構想を発表した。

レメンゲソウ大統領は、ミクロネシア地域における海洋や島々の環境を包括的に守る体制を構築するために、グアム、北マリアナ諸島、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の人々の協力を求めている。

同大統領の提言には、2020年までにミクロネシア地域の珊瑚礁海域の30%、森林資源の20%を保護地域に指定することが含まれている。

同大統領はこの提言を「ミクロネシアの挑戦」と名づけ、2006年にブラジルで開催される生物多様性に関する会議において議論したいと考えている。同大統領は「ミクロネシア地域の島々は生態的、文化的、政治的に結びついており、地域全体で環境保護に取り組むことにより、国際的にも技術的、資金的な支援を得ることができるだろう。」と述べた。

また同大統領は、日本、豪州、非政府組織、民間の基金等が「ミクロネシアの挑戦」を技術的、経済的に支援してくれるだろうと語った。


トンガから日本への最大の輸出物がカボチャです。トンガは南半球にあるので、日本の端境期を活用して輸出してきました。近年は韓国にもカボチャを輸出し、アジア向けに海草、ナマコを輸出しており、アジア経済との関係が深くなっています。


10/27 PIR
 トンガ王がカボチャや海草の輸出を奨励している。

87歳のツポウ4世はトンガ国会の第135回会議を閉幕するにあたって、国民に次のような心のこもったメッセージを送った。

「学卒者の失業問題が心配であり、諸外国から企業を誘致する必要がある。具体的には、韓国向けのカボチャ輸出の増大、アジア諸国向けの海草やナマコ輸出増大、中国企業のトンガへの誘致、日本の銀行から低利融資の導入、ロシアとの漁業協定の締結等を推し進めなければならない。」

また現在、国王自ら米国より十億ドル規模の投資を誘致している。今年、トンガ産のカボチャが日本市場では受け入れられなかった。韓国市場は大きく、われわれは韓国向けのカボチャ輸出を拡大するために十分気をつけなければならない。

トンガ国内の小さな島で育つ海草の輸出が始まっている。日本で海草を販売している人物がトンガに滞在し、海草の輸出に関してアドバイスをしてくれている。トンガ産の海草やナマコを日本市場に輸出することは可能であるが、海草を輸出する前にさらに慎重に準備をしなくてはならない。

日本の民間銀行がトンガに支店開設を希望しており、この銀行が提供する低利融資を活用してトンガの経済発展を促すことが可能であろう。また中国の靴製造企業もトンガへの進出を検討しており、それが実現すれば100人以上の雇用が生まれるであろう。」




スポンサーサイト



<< 石垣島の自治基本条例 | ホーム | 沖縄タイムス魚眼レンズでの紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP