FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島の自治基本条例

7月9日、8月17日の八重山毎日新聞に石垣島の自治基本条例についての記事がありましたので、お伝えします。

上地さんの言うように「協同」の意味内容を問い直す必要があります。行政主導、公務員優位の官治ではなく、本来の地域に住む一人ひとりの公民主体の自治でなくては、参加も協働という言葉も空洞化してしまいます。




石垣市議会の自治基本条例審査特別委員会(大浜哲夫委員長、全議員)は8日、第1回審査を市健康福祉センターで行った。当局側は条例の必要性を説明して理解を求めたが、「市民協働のまちづくりと言いながら、市民参画の条例策定になっていない」と策定手法に疑義が相次いだ。

このため特別委は、住民説明会の開催を要求するとともに、次回委員会で今後の審査の進め方を議論することにした。

 説明会には黒島健副市長のほか、各部の部長と筆頭課長らが出席。黒島副市長は「まちづくりに対する意気込みに理解をしてもらいたい」とあいさつ。

担当課長が条例の必要性について▽まったなしの地方分権▽多様化するニーズ▽行政主導から市民が主役へ▽市民協働のまちづくり指針の必要性の4点を挙げ、条例の概要を説明したが、策定手法の問題に質疑が集中した。

 「策定過程で多くの住民を巻き込むことが肝要だが、その経緯がみえない」(小底嗣洋氏)との指摘に崎原喬企画部長は「パブリックコメントや公募の市民会議を開いたが、条例制定後に地区懇談会やフォーラムを開催したい」と理解を求めた。

 これに「自治体の憲法と言いながら、この経緯は疑問だ」(小底氏)、「市民参画と言いながら皆さんで条例をつくって協働を押しつけている観もある」(宮良操氏)、「市民公募は5人、パブリックコメントの回答(意見)はゼロ。これでは市民の理解を得た条例とは言えない。策定前に懇談会やフォーラムを開催すべきだった」と批判する意見が続出した。

 崎原部長は「意見聴取の熟度が不十分だった」と認め、委員からは「この反省を踏まえて審議と並行して市民に説明し理解を求めてほしい」(小底氏)などと特別委の審査と並行して住民への説明会を求める声が多く挙がった。
 ほかに住民投票と議会制民主主義との整合性、条例制定後の施策展開に対する疑問も出た。



8月17日
 「自治体の憲法」と称する石垣市自治基本条例の制定がもたついている。議員全員で審議することになった市議会特別委員会で「市民協働のまちづくりと言いながら、市民参画の条例策定になっていない」と疑義が相次ぎ、特別委が当局の対応待ちで中断しているためだ

▼確かにその策定手法にも問題があるが、加えて市が同条例でうたう「市民協働のまちづくり」の「市民協働」という言葉にも疑念がある

▼それはたとえば、石垣島トライアスロン大会やマラソン大会などの市のイベントで市民にはボランティアで参加させながら、市職員は超勤手当てをしっかりといただく、そういうことも「市民協働」と言うのかの疑念だ

▼この言葉は近年、全国の自治体でもてはやされているが、その背景には役所は財政が厳しくなり、市民の多様な要望に応えられなくなったので、それなら市民に協力してもらおうと出てきたのがこの言葉のようだ

▼悪くいえば行政が市民をうまく利用するために作り出した言葉といえなくもない。むろん街角ボランティアのように市民が進んで協力するのは良いことだし、役所や役所職員らが市民と対等の役割を示しての協働事業なら大いに歓迎だ

▼まちづくりに大切な市民協働だが、それを生かすか殺すかは役所側の対応しだいだろう。(上地義男)
スポンサーサイト



<< 今日からパラオに行ってきます | ホーム | ニウエの代替エネルギー、ミクロネシアの挑戦、トンガのカボチャ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP