FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオに行ってきました

昨日、パラオから戻りました。
パラオでは、一日目にJICA事務所、日本大使館、国際サンゴ礁研究センター、ゴミのリサイクルセンターを見てきました。

日本のパラオに対するパラオについての最新の政治経済情報、ODA政策、太平洋諸島の中でも先進的な取り組みをしていると思われるゴミ処理などについて、現場に行き、話を伺いました。学生たちからも多くの質問や意見が出され、活発な意見交換が行われました。

二日目は、パラオ観光局、フィリピン大使館、ドルフィンパシフィックに行き、関係者からお話を伺いました。

パラオ観光についての最近の動向、長期的な観光戦略、パラオのエコツーリズム、日本学生との交流事業の可能性、フィリピン人移民労働者の人権・賃金問題、パラオとフィリピンとの関係等について英語で学生からも意見や質問が出されました。

ドルフィンパシフィックというパラオのNPO団体では、環境に配慮した様々な市民活動、パラオにおいて環境を重視しなければならない理由、パラオでのNPOの活動などについて伺いました。

観光局やNPOの活動に触れて、自らの貴重で美しい自然を住民の自治の力で守り、育てようと島人が大変な熱意を傾けながら、活動をされているなと思いました。

夜は、久米島から46年前にパラオに移住された国吉さんと意見交換、お食事をしました。一年ぶりの国吉さんはお元気で、パラオでのこれまでの半生、近況、日本や琉球についての思いをお聞かせ下さいました。

3日目は、パラオコミュニティカレッジというパラオ唯一の大学で、学生たちと交流しました。私たちの学生8人を4人グループにわけて、午前10時、午後1時とそれぞれ別の20人の学生と50分、意見交換をしました。パラオ人、ヤップ島をはじめとする他のミクロネシア諸島の学生は大変、シャイでしたが、純粋で、明るく、楽しい交流の授業となりました。

日本のコマを回したり、大阪弁を教えたり、マジックを見せたり、携帯の動画や写真を紹介して、同じ世代の学生が互いにどんなことを考え、感じているのkをそれぞれ、手探りで確かめあいながら、楽しく時間を過ごしているようでした。

午後はバベルダオブ島にある、台湾政府からのローンで建設した新政府庁舎に見学に行きました。緑の中に屹立するパラオ政府庁舎の外観はアメリカのホワイトハウスのようでした。国務省で働いている琉球系パラオ人の比嘉さんにお会いしました。

当初、東京のパラオ大使館を通じて大統領にお会いできるとの返事を得ていましたが、急きょ、大切な予定がはいり、会うことができないという返事をもらいました。比嘉さんは私がパラオで働いていたときに大変お世話になった方です。

比嘉さんにパラオ沖縄県人会の沖縄県庁への登録の話をし、2年後の世界のウチナーンチュ大会にパラオから出席する可能性について提案しました。

その後、戦跡、海軍墓地等を見学してホテルに戻りました。バベルダオブ島の一周道路の一部は大雨のために崩壊していました。これは米国の援助金で建設されたものです。

土曜日は、ミルキーウェイ、ダイビング、ジェリフィッシュレイクを一日がかりで行き、パラオの自然の力を体験しました。

一万年の歴史を経て、人をささないクラゲが棲むようになった海水の湖で泳いだ時は、一万年の歴史の中で漂っているような気持になりました。世界最大のバラサンゴ、そこを泳ぐ無数の魚たち、本当に竜宮城のようでした。

これまで陸上でパラオのことを学び、その上で、海の豊かな自然を自分の体を通して学びました。ある島で食事をしましたが、地球温暖化の影響で島の面積が縮小し、倒木が見られました。

パラオの学生たちも毎年、気温が高くなっていると言ってました。パラオで地球温暖化問題が自分たちの問題であることを実感しました。

日曜日は、予定していたサンゴの植え付けをしているNPOの担当者がドタキャンをして、我々はその事業に参加することができませんでした。

そこでコロール州内の歴史・文化遺跡をみたり、観光施設を見学したり、また、学生の中で中国語が話せる学生がいたいので、中国人が経営するスーパーにいき、中国語で会話をしたりしました。

その中国の方は4年前に福建省からパラオにやってきたそうです。近くには中国人のレストラン、修理工業等もありました。パラオは台湾と外交関係を結んでいますが、中国人移民も増えています。

ホテルでは学生たちが今回の体験学生に参加できた感謝の気持ちとして、アロハシャツ、パラオTシャツをプレゼントしてもらいました。また近くのスーパーで買ってきたケーキをみんなで食べました。

学生たちは皆、パラオに対する関心が深く、いろんな方と積極的に交流してくれました。パラオ人、フィリピン人等に対しても礼儀正しく、明るく接していました。私こそ、学生たちに感謝したい気持ちです。何よりも皆無事に帰ることができて大変よかったです。パラオでの経験をいかして、これからの人生、自分の研究に生かしてほしいと思います。

私もパラオから常に学ぶことが多く、琉球の自治、パラオの自治をともに、関連させながら、考えていきたいです。

スポンサーサイト



<< 台湾と太平洋諸島との経済関係、グアムへの海兵隊移設に関する賛否 | ホーム | 今日からパラオに行ってきます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP