FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩間島における漂着ごみの資源化

9月10日の八重山毎日新聞に漂着ごみの資源化のニュースがありましたので、お伝えします。琉球、特に八重山諸島では漂着ごみが多く、心を痛めていました。公民がボランティアが回収しても、どんどんごみが海からやってきます。

回収したごみの運搬は自治体の負担となっていました。ごみを資源化し、それが経済的にも採算が合うようにこれから努力していけば、他の島嶼における廃棄物問題にも光明を与えるでしょう。




竹富町鳩間島で、使用済みの発泡スチロールからスチレン油を抽出し、新たなエネルギーとして使用する油化プラントの社会実験が今月11月から本格始動する。

(社)日本海難防止協会が日本財団の財政支援を受けて企画したもので、地域住民を中心としたNPO南の島々守り隊(浦崎金雄理事長)が主体となってプラントを稼働させ、海岸に漂着した発泡スチロールなどを油化する。

社会実験は次年度までの2カ年間で、次年度は、油化原料を漁具や他のプラスチック類に拡大するほか、車両で移動が可能なコンテナ式の移動プラントの導入も計画されている。

 発泡スチロールから抽出されるスチレンは、ガソリンなどと同じ引火性の液体で、ディーゼル機関やボイラー、焼却炉の燃料として使用することが可能。

 同協会の大貫伸上席研究員によると、鳩間に設置するプラントで8時間稼働させた場合、15立方メートルの発泡スチロールから40リットルのスチレン油を抽出することができるという。同プラントはスチレン油を燃料として使用することから、別の燃料が不用となる。

また、抽出されるスチレン油は通常の燃料と遜色(そんしょく)ないレベルで、抽出時に発生するダイオキシンも国の基準の100分の1のレベルに抑えられているという。

 プラントは、同島の小型焼却炉の構内に設置される。10日には、プラントの資材や機器類が同島に搬入され、NPOを中心に設置が進められ、11月7日午後に予定されている公開実験から2年間の社会実験が本格始動する。

次年度には、油化原料を漁具や他のプラスチック類に拡大するほか、20フィートコンテナに搭載した移動用プラントの導入、西表島でのシンポジウムの開催も検討されているという。

 同協会の大貫氏ら3氏が9日午後、町役場を訪れ、川満栄長町長らに同油化プラントの社会実験に対する協力を求めた。

 川満町長は「心配された環境面の問題もクリアされている。漂着ごみの資源化に向け協力したい。成功させてほしい」と話した。

 また、同協会の大貫氏は油化プラントの社会実験を鳩間島で行うことについて「自然環境に対し島民が意欲的。今回の社会実験を通し、単に漂着ごみが減り、海岸がきれいになったというだけでなく、新たな産業の創出や離島の島興しにつなげたい」と意欲をみせた。
スポンサーサイト



<< ナウルの経済破たん、島嶼経済問題、島嶼とWTO | ホーム | 竹富町の自主財源:早急に環境税の実施を! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP