FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる会議⑤

IMG_1899.jpg
新元さんが平田の山からみつけた「猿の腰掛」。その大きさにびっくりしました。山の恵みの偉大さを実感しました。

IMG_1892.jpg
春さんの民宿で泊まった方々。右下から金城さん、春さん。

右上から滝田さん、私の父、母。そのほか、私と西浜さんが止まりました。春さんから島の料理と、島の話を伺いました。また宿泊者同士でも意見交換して、互いに励ましあいました。

IMG_1907.jpg
「なきゃ わきゃ まーじん きばりんしょうろ」薗先生が公民館の黒板に書いてくださった奄美大島の言葉です。あなたも私も一緒に、がんばりましょうという意味です。

「ゆいまーる」に通じる住民の言葉だと思います。

IMG_1906.jpg
最終日、公民館前での集合写真。途中で帰った方も含め30人くらいの方が議論に参加しました。平田の方も毎日10人ほどの方が話を聞いていました。

私の母が那覇市小禄の自治の話をした際、感動したといって平田の女性から地元の漬物をいただきました。地域の方に支えられて、集いが開かれました。

IMG_1913.jpg
平田の集いの後、花井さんのご案内で加計呂麻島に行きました。写真は瀬戸内の港にて、藤原社長と花井さん。二人の着流しがよく似合っています。

IMG_1915.jpg
皆で海上タクシーに乗って加計呂麻島にわたりました。船の先頭には、朝日新聞の高成田ご夫妻もいらっしゃいます。

朝日新聞11月28日夕刊で「論説委員室から「窓」」で、高成田さんが、平田のゆいまーる集いについて書いてくださいました。お礼申し上げます。

IMG_1927.jpg
加計呂麻島では村の生垣が端正に整えられていて、印象的でした。住民が心をこめて生活しやすい住環境を維持しているといえましょう。
スポンサーサイト



<< 宇検村平田の集い(南海日日新聞報道) | ホーム | 第2回カマイサミット in 西表  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP