FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

京都における自給自足

日曜日から昨日まで京都にいってきました。昨年12月にも京都の丹後半島にある木子の民宿「自給自足」に行きましたが、今回は2回目となります。

昨年は大雪におおわれていましたが、夏になると風景も一変し、豊かな日本の季節に驚きました。「自給自足」を運営されている家族は20年前に大阪から木子に引っ越してきたそうです。国が進める大規模農地開発の入植者として来たそうです。

アメリカ型の大規模農業を丹後半島で国は実現しようとしたのです。住民の反対を押し切り、ダムや貯水槽を建設し、住民に費用の負担をもとめるなどして、農民は土地の売却に迫られ、結局、国の政策は実現することはなく、農業用貯水槽も建設されたわけですが、現在もつかわれていません。

国主導の開発が琉球だけでなく、丹後半島でも失敗した事実を確認しました。
「自給自足」の家族は、村で栽培した食材を加工し、販売しながら資金をためて、民宿をつくりました。

今でも民宿だけでなく、地産地消の活動をしています。またばび酒、海酒、紫蘇ジュース、山羊の乳で作った石鹸、そば茶、ジャム、そのほかいろいろな産品を添加物なしでつくっています。

民宿の食事も地域でつくられた食材ばかりで、新鮮で大変おいしかったです。同じ志をもった方々が都会から木子に引っ越しをされ、それぞれで協力しながら自給自足の実現を目指しているそうです。

水力発電で電気の自給をしている方もいるそうです。山羊のミルク、アイスクリームも食べましたが、臭みがなかったのが印象的でした。ご家族の山羊小屋で山羊の乳しぼりもさせてもらいました。

朝3時に起きましたが、夜空には星が瞬いており、すがすがしく、大変きれいでした。朝、犬と散歩しましたが、太陽の光はやさしく、草花も生き生きと私に語りかけてくれるようでした。

夜、おかみさんと自給自足の歩みをお聞きしました。「人にたよらないこと、期待しないこと」が自給自足の生活の中での心の幸せの源であると、地域の仲間の会合でみんなが同意することだそうです。

同時に皆で協力し、役割分担をすることで、自給自足に近づくともおっしゃっていました。まさに、琉球の自治につながることだと思います。後藤新平の自治三訣を思い出しました。自治的自覚をもつ人々のゆういまーるが重要です。

丹後半島は大変自然が豊かであり、ブナの原生林も行きました。また、天橋立、籠神社、酒呑童子や鬼伝説など、この世とあの世とをつなぐ神話、伝説、宇宙観も濃厚にあり、琉球との共通性を感じました。

また、舟屋がある伊根にもいき、海洋民俗の生活を垣間見ました。古風な祈祷の様子などもみて、伝統的な習俗が今でも生きていることを実感しました。

丹後半島には廃村となった場所のいくつかあり、車でその場所をみてきました。特に高度経済成長時代に廃村になったり、人口減少が進んだようです。現在は、都会から移住する人も増え、その人々によって、人間が自然の中で生きるための方法が実践されていました。

民宿「自給自足」の30代の若いご主人ともお話をしましたが、若い世代に、自然の中で生き抜く方法がしっかり継承されているのを実感しました。

自治は琉球だけでなく、日本各地においても大きな課題であり、それぞれの場所でそれぞれの形の自治が行われていることを考える旅でした。



スポンサーサイト



<< 沖縄21世紀ビジョンとは何か | ホーム | 地球研の大和村でのセミナー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP