FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄21世紀ビジョンとは何か

9月15日の沖縄タイムスに「沖縄21世紀ビジョン」についての報道がありましたので、お知らせします。

2012年に沖縄振興計画が期限切れとなるにともない、その後の沖縄県の開発の在り方を沖縄県側から示すために作られているのが、沖縄21世紀ビジョンです。

これまでの振興開発計画のように「開発の目玉」となる各事業を羅列的に並べたもので、ビジョンの思想、精神というものが感じられません。

自治が全面にでてこないビジョンは絵に加えいた餅におわるでしょう。なぜ琉球には自治が必要なのかを徹底的に話し合い、計画の基礎に自治の思想をすえて、ここの具体的な政策を提示すべきであると考えます。

私は、沖縄協会から発行されている『季刊 沖縄』に「自治による沖縄県経済自立のための建白書」という文章を寄稿しました。後藤新平の自治の思想と実践から学び、これまでの沖縄振興開発の問題を踏まえて、政策を提示いたしました。10月31日の刊行予定です。内閣府沖縄担当部局、書く沖縄県自治体等にも配布される予定です。

沖縄県によって準備されている同ビジョンが、国による振興開発を延長させるためのものではないかと思います。本気で沖縄県が経済自立を目指す計画を作成するには、一人ひとりの住民の自治に訴えるとともに、財源、分権、法制度の改正などについても具体的に論じなければなりません。沖縄県のビジョンには、計画の骨ともいうべきものが欠けているように思います。




県は14日、2030年ごろの沖縄の将来像を描く「沖縄21世紀ビジョン」の中間取りまとめ案を、県振興審議会(会長・平啓介琉球大副学長)に提出した。

各分野の課題とともに「めざすべき将来像」、「将来像実現に向けた戦略」を明記。中南部都市圏を縦貫し、名護市方面と結節する軌道系の新たな公共交通システムの導入や、軍用地跡地利用を円滑に進めるための新制度創設、離島航路の運賃低減などを盛り込んだ。

 ただ、同審議会では、「抽象的な表現が多い、具体的に何をどうしたいのかわかりにくい」「沖縄をこうしたいというものが感じられない」など、記述をめぐって異論が続出。

同審議会総合部会(部会長・富川盛武沖縄国際大学長)でさらに議論し、当初の予定通り11月の知事への答申に合わせて最終案をまとめる方針を確認した。

 案では「基地」と「離島」を特定課題に設定し、問題解決に取り組む姿勢を強調。特に返還跡地利用を円滑に進めるため、「特別立法を含む新たな仕組み・法制度の創設を図る」と明記した。

 また、普天間飛行場跡地は「基地返還のシンボルとなる大規模な公園整備」、牧港補給地区は「都市近接・リゾート機能」、キャンプ瑞慶覽は「軌道系の新公共交通システムや骨格的な道路網の整備充実による都市交通結節機能」とする方向性も示した。

 そのほか、アジア・ゲートウェイの推進に資する情報系高等教育機関などを設置することや、国際貢献・協力の拠点形成なども盛り込んだ。ビジョンは、沖縄が初めて自前でつくる長期構想で、今後の県政運営の基本的な指針となる。

 「沖縄の未来は県民が決める」として、県民からの意見を取り入れながら、総合部会で審議を重ねてきた。

スポンサーサイト



<< 京都市の新景観条例から学ぶ 1 | ホーム | 京都における自給自足 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP