FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

豪州とバヌアツとの関係、フィジーの送金経済、同盟関係としての米国とフィジー

2005年の10月、11月の太平洋諸島ニュースをお届けします。

豪州は近年、「良い統治」という判断基準にしたがって島嶼国への援助を行っており、援助を通じて島嶼国の内政に関与し、支配・管理をしようとしています。

島嶼国には島嶼国の統治の方法があり、内発的に統治方法を形成していくべきであり、援助提供国がカネの力で無理やり統治方法を指図すべきではないと考えます。




11/29 PIR
 ダウナー豪州外相がバヌアツへの援助金を削減すると脅している。

ダウナー外相は、公共サービスや良い統治を後退させるようなバヌアツ政府の諸政策を改めさせるために、豪州政府からバヌアツ政府への援助金を削減すると脅している。

豪州の野党、労働党は、太平洋諸国に対しより厳しい対応を取るべきだと主張しており、今回のダウアー外相の対応を支持している。バヌアツに対する最大の援助提供国である、豪州政府は年間2450万米ドルに相当する援助事業を実施しているが、その事業が削減されるかもしれない。

豪州政府は、バヌアツ政府のボホール首相が重罪を犯した人物を再任命し、公的サービスに大きな支障を与えたと非難している。また豪州政府は、バヌアツ政府が、金融取引に関する法律を緩和し、首相護衛隊を創設しようとして、司法制度に介入していることをも非難している。





フィジーをはじめとする太平島嶼国は移民を世界中に送り出しており、その送金が島嶼国経済にとっても無視できない状況にあります。戦前の琉球も同じであり、現在の日本本土への出稼ぎ労働者も同様な役割を果たしているといえます。

10/18 PIR
 フィジー人移民の母国への送金額が2億6300万米ドルにのぼると推計されている。

昨年、海外に住むフィジー人が母国に2億6310万米ドルの送金をしたが、この金額は同国の観光収入額よりも多い。

海外の紛争地域で働く平和維持軍やガードマン、看護婦、プロスポーツ選手がフィジーに住む家族に送金をしており、それによりフィジー人は輸入品を買うことが可能になっている。フィジーの全世帯の40%は海外の家族から送金を受け取っているという調査結果もある。

フィジー政府は、さらに労働者を海外に送り出し、送金を資金にしてインフラ整備や民間投資に活用させるべきであるとの声もある。



米国とフィジーとは軍事同盟国としての関係にもあります。



10/25 PIR
 ブッシュ米大統領がフィジーを「勇敢な島嶼同盟国」であると讃えた。

ブッシュ大統領が、1978年から続いているフィジーの平和維持活動を評価した。ブッシュ大統領は、フィジーを米国の「勇敢な島嶼同盟国」とし、イラクに多くのフィジー兵を派遣していることを讃えた。

ブッシュ大統領は、フィジー兵士はレバノン、シナイ半島、東チモール、コソボ、ルワンダ、ソロモン諸島において顕著な働きを示し、最近ではスーダンに警察や軍隊を派遣することを決定したと述べた。

またブッシュ大統領は、フィジー政府や軍部が法律秩序や立憲体制に従いながら、フィジー全ての国民の権利を守ることを求めた。ブッシュ大統領は、「民主的に選出された内閣を違法に追放したというフィジーの不幸な歴史」を考えると、クーデターを終わらせ、本当の協調を追及することはすばらしい目標であると語った。
スポンサーサイト



<< 京都市の新景観条例から学ぶ 4 | ホーム | 学校でしまくとぅばを学ぶ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP