FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人類館―封印された扉』の紹介

申請中のNPO法人「ゆいまーる琉球の自治」の理事の金城馨さんが
編集、執筆に関わった、『人類館 封印された扉』を紹介したいと思います。

この本を読んで、かつて人類館があった大阪天王寺動物園周辺を歩いたことがあります。大阪大正区に住む沖縄人からも、琉球に対する思いの深さを聞き、同じ在日琉球人として励まされたこともあります。

「琉球諸島外にある琉球」の人々の力によって生み出された本だと思います。




編著:演劇「人類館」上演を実現させたい会
A5判・460頁・ソフトカバー
定価:2,310円(本体2,200円+税)
ISBN4-939042-11-1 C0036

扉をあけて
第一扉●第五回内国博覧会と人類館事件
第二扉●場所の記憶に耳をすます
第三扉●ぬーがぬーやらぬーんわからん 沖縄の虚像と実像

第四扉●演劇「人類館」大阪公演
第五扉●展示された側の叫び 過去から未来へ
隠し扉●資料編 当時の新聞記事・人類館関連年表ほか
扉の向こう側は


「人類館事件」とは
今から約100年前、大阪で開催された第五回内国勧業博覧会に、「学術人類館」なるパビリオンが出現した。

館内では、「未開人」として「琉球人」「北海道のアイヌ」「台湾の生蕃」「朝鮮人」など生身の人間が「陳列」され、鞭を手にした説明人が「こやつは…」という侮蔑的な調子で解説したという。

しかし、「琉球人」の「陳列」は、「我を生蕃アイヌ視したるものなり」という沖縄側からの批判で中止になったが…

『人類館 封印された扉』は
「人類館事件」100年目の2003年、関西の沖縄人たちが演劇「人類館」大阪公演実現に向けて人類館事件の背景に迫った。

当時の資料を丹念に検証することで真相が明らかになる一方、パネルディスカッションなどで「人類館事件」から現在の沖縄に提起する問題が浮かび上がった。

沖縄を見るヤマトの視線とその視線に応えようとする沖縄の虚構など、「人類館事件」と沖縄の姿を考える上でウチナーンチュ、そしてヤマトンチューに問いかける必読の書!


お問合わせは 関西の沖縄情報発信基地 関西沖縄文庫 へ
住所:〒551-0011 大阪市大正区小林東3丁目13-20 にあります
             Tel/Fax (06)6552-6709

関西沖縄文庫のホームページより

スポンサーサイト



<< 国際開発学会沖縄大会のお知らせ | ホーム | 石垣金星さんへのカンパのお願い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP