FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宇検村平田の集い(南海日日新聞報道)

南海日日新聞の11月19日の朝刊一面に、ゆいまーるの集いに関する記事が掲載されました。久岡学記者が2泊3日ともに、集いに参加し、取材して書かれたものです。地域に根差したジャーナリストであると尊敬しております。

久岡さんには、麓さん、前田さん、花井さんなども紹介して下さり、また、学生にも誠実にお話をして下さいました。心よりお礼申し上げます。


宇検村で「琉球の自治」集会


 地域の自然や文化を生かした地域興しや自治の在り方を考える「ゆいまーる琉球の『自治』―万人(うまんちゅ)のもあい」は十八日、宇検村平田公民館で車座集会を開いた。

呼び掛け人の一人、松島泰勝・東海大准教授(経済学者)が「沖縄は米軍基地と振興開発が取引条件になった。

観光も自立にはつながっていない」と問題提起。奄美で自治を実践する人々は「奄美だからできること、奄美でなければできないことがある」「スロー自治を進めよう」などと報告・提唱した。

 松島さんは「地域の自治を実現するために必要なこと」を主題に問題提起。「沖縄は三十五年前に復帰し、格差是正を目指したが、自立や自治からは離れている。

観光も東京、大阪の資本に利益がいっている」「米軍基地と振興開発が取引条件になり、沖縄が甘えてしまった。沖縄島のサンゴ礁の90%は破壊されている」と指摘した。

 これまでの開発、観光の進め方を批判した上で、土地を売らない、民宿中心の観光を進める竹富島、土地を共有化し、「ゆいまーる(結い)で外部資本の流入を食い止めている」久高島の取り組みを紹介した。

 奄美の報告者は四人。前田守さんは「奄美だからできる、奄美でしかできないものがある」と述べ、インターネットでの特産品販売を手掛ける「奄美王国」の取り組みを報告した。

「奄美のトラさん」を自認する花井恒三さんは「奄美は離島の王者」と位置付けた。スローライフに例えた「スロー自治」を提唱する一方、「今後は三つのバブル(別荘、トライアングル観光、世界自然遺産)に注意しなければならない」と警鐘を鳴らした。

 薗博明さん(環境ネットワーク奄美)は「予算消化のための工事、過剰な工事が行われ、島が島でなくなっている。足元を見直すことが必要だ」と指摘した。

麓憲吾さんは奄美で初の地域FM局を立ち上げた経緯を報告。「島の人が島のことを知らない。知ることから始めたい。伝えたいと思った」と述べた。

 議論は環境問題、差別構図など奄美を取り巻くさまざまな問題に及んだ。
スポンサーサイト



<< 宇検村平田の集いの報道(南日本新聞) | ホーム | ゆいまーる会議⑤ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP