FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治の拠点としての南風原文化センター

9月27日の琉球新報に南風原文化センターの記事がありましたので、お伝えします。館長の大城さんとは2年ほど前に、大阪の金城馨さんとともに自宅にお邪魔してお話を伺った事があります。その時は地域における文化活動の重要性について話を伺ったように思います。

南風原に拠点を置いて、琉球だけでなあくアジア、世界と南風原をつなぐ、学びあいの拠点として重要な役割を果たしていると思います。これまで、同センターの平良さんの活動からもいろいろと刺激を受けてきました。

南風原文化センターのような自治の拠点が琉球の各地にできることで、地域な人々が集い、学びあい、励ましあうとともに、地域外の人々とも交流ができるのではないかと思います。




道路拡張工事に伴い南風原町喜屋武の黄金森公園内「悲風の丘」近くに移転した南風原文化センター(大城和喜館長)はこのほど、11月のリニューアルオープンに向け、沖縄戦、戦後の暮らしなど展示内容に沿った3本の映像資料を製作した。大城館長は「展示品をより深く学ぶことができる内容だ」と太鼓判を押す。

 映像資料は「南風原の沖縄戦―沖縄陸軍病院壕」「南風原・沖縄の戦後史」「人々の暮らし」の3本でそれぞれ20分。昨年11月から約9カ月かけシネマ沖縄とともに製作した。提供写真や映像、当時の新聞記事をふんだんに使い、分かりやすい構成となっている。

 「沖縄戦」では陸軍病院壕を中心に、沖縄戦と壕内の時間的な流れを説明。当時病院壕で働いた軍医や学徒、炊事婦として働いた住民らの証言や1フィートフィルム、コンピューターグラフィックス(CG)イメージで当時の様子を再現した。

 「戦後史」は町だけではなく県全体を網羅。家屋を建てることから始まった戦後の庶民の暮らしを町民の証言を交え紹介。「人々の暮らし」は民俗がテーマ。長年続いてきた年中行事や民間信仰、民具の使い方、ノロなどの神役を紹介している。

 映像は展示場で上映するとともに、町内の小中学生の授業や修学旅行生の事前学習などにも活用する方針。

 大城館長は「映像と展示物を見ることでより深い見方ができる。展示テーマに沿って映像を作製することはなかなかない。これも今後南風原の財産になる」と力を込めた。
スポンサーサイト



<< 當銘明さんの琉球の自治に関する提言 | ホーム | 京都市の新景観条例から学ぶ 8 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP