FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

當銘明さんの琉球の自治に関する提言

沖縄島那覇在住、うるま市出身の當銘明さんから琉球の自治に関する提言が送られてきましたので、お伝えします。皆様からのご意見、ご感想などがあれば、どうぞおよせください。私の方から當銘さんに伝えます。




                            琉球の都市計画
                                             當銘明

先日は京都都市景観の新聞記事の件、読まして頂きました。有難うございました。今回は琉球のまちづくりについて述べさせて頂きます。

 琉球の土地面積を考えた場合、まちづくりにおける基本が二つあると思います。建物の高層化と電車の敷設ではないでしょうか。那覇の街を車で走っていると道路の狭さ、車の多さ、建物の低さを感じます。那覇に限らず都会ではコンパクトなまちづくりが良いと思います。

 はじめに道路ですが、国道58号線のような幹線道路は、車の専用車線が左右合計で6車線(片側3車線)、電車2車線、自転車2車線を想定し合計10車線は必要と思います。通りの両側には15階以上の建物を道路に沿って設置します。

建物は数百年間使用できることを想定し、基本構造の鉄筋や鉄骨が、その場で部分的に大胆に取り換え可能(20年~30年に1回)な構造であれば理想的です。1階と2階は主としてお店やレストランが入り、3階以上は広さにゆとりある住宅となります。

結論としまして、住居を沿道の高層住宅に集約することで、農業地区や工業地区、として研究地区の集約化も容易になります。そして通勤や通学も便利です。

 そして、郊外には菜園付きの小さな家をセカンドハウスとして一家に一戸割り当てます。かつてソ連邦の多くの市民(特にロシア市民)は、通常は都会のアパートに住み、休日には郊外の小さな別荘(ダーチャ)で野菜等や果物などを作り生活していました。

(社会主義時代のため住宅も割り当て制で家賃も低価格)ソ連崩壊の頃、都会のモスクワのスーパーにはヨーグルトしかないといわれる程の食糧不足でしたが、市民はダーチャでとれた野菜等を食していたと考えられます。

余った野菜等を自由市場で売っていたのです。食糧不足とはいえ深刻な飢餓問題には発展しなかったのはダーチャの存在が大きかったと思います。ソ連の住宅政策が市民の食糧確保にまで及んでいたことは注目に値すると思います。

ちなみに京都には歴史的な建造物も多いと思いますので、新聞の議論にありましたように建物の高さは低層のほうが良いと思います。できれば木造であれば理想的と思います。




スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集いin 平安座島へのご招待 | ホーム | 自治の拠点としての南風原文化センター >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP