FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宇検村平田の集いの報道(南日本新聞)

鹿児島県を中心に発行している南日本新聞の、ゆいまーる会議についての記事を紹介します。奄美総局長の小栗記者にもお世話になりました。心よりお礼申し上げます。

奄美の価値観、琉球圏の視点で見直そう/宇検で学習会
東京、大阪などから30人
(11/27 07:17)

奄美、沖縄地域の発展の方向性について意見交換する参加者=宇検村平田の平田公民館 奄美と沖縄を合わせた琉球圏の視点から、地域の文化や風土を重視した発展の方向性を考える「ゆいまーる琉球の自治」が、宇検村平田であった。

奄美群島や沖縄、東京、大阪などから約30人が参加。ITを活用した事業展開、開発による自然破壊への反省、島民自らが島を知ることの重要性などについて意見を交わした。

 17-19日にあり、島外からの参加者らは集落内に2泊3日で泊まり込み。2日目は平田(へだ)公民館で「琉球の自治を考える」と題して、地域で自立的な活動をしている4人が実践例を報告し意見交換した。

 奄美市でライブハウスの経営や、コミュニティーFM局を開局した麓憲吾さん(36)は「島の人が島のことを知ることから始めたい。内地のスタンダードに惑わされず、奄美の価値観を大事にしたい」と報告。

環境ネットワーク奄美の薗博明さん(73)は「予算消化のために必要のない工事が行われ自然が破壊された。海は今や瀕死(ひんし)の状態。自然とともに生きてきた奄美の歴史を足元から見直すべきだ」と訴えた。

 インターネット販売「アットマークやっちゃば」の前田守さん(35)は「規模は小さくても地域で頑張っている人を発信したい」。元奄美市企画部長の花井恒三さん(60)は「奄美は人の顔の見えるスロー経済、スロー自治でいけばいい」と報告した。

 最終日のまとめでは、さまざまな島の人々が集い語り合うことの大事さを確認。次回は3月ごろ、沖縄・伊江島で開くことを決めた。

スポンサーサイト



<< 国際開発学会報道(沖縄タイムス) | ホーム | 宇検村平田の集い(南海日日新聞報道) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP