FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の自治のシンポジウムin大阪

関西学院大学の豊下楢彦先生を中心とする「沖縄とカリーニングラード-周縁地
域の自立/従属と地域秩序構築をめぐる比較現代史-」研究会が主催する、「「琉球の自治」をめぐるシンポジウム」と題するシンポが今日、午後1時―6時まで、大阪梅田で開催されます。

報告者は次の通りです。

松島泰勝(龍谷大学)
     「琉球の自治の現在と未来」

黒柳保則(沖縄国際大学)
     「島嶼地域の自治の再編成」    

池田慎太郎(広島市大)
     「沖縄の独立論」    

明田川融(法政大学)
     「米軍基地の展開」

本シンポへの参加を呼び掛けたところ、ゆいまーるの集いに参加され、現在、大阪市立大学大学院生の西浜さん、カンボジア社会を研究されている京都大学大学院の佐藤さん、琉球出身の立命館大学大学院の土田さんがシンポに参加したいとのメールをいただきました。

西浜さんは『沖縄通信』を発行し、ゆいまーるの集いでもお世話になっております。佐藤さんは三線を習っており、以前、カンボジアのご夫妻と一緒に自宅にお招きしたとき、大変すばらしい三線の演奏をしてくれました。土田さんは以前、私の研究室、研究会に遊びにくてくれ、琉球の話をしました。今度、毎日新聞に内定がきまりました。大変よかったです。

先日、関西沖縄文庫の金城さんと電話で話をしましたが、関学大学院には琉球出身の大城さんという学生がおり、国際法の観点から琉球を研究しているという話を聞きました。大城さんは先住民作業部会にも参加されたことがあるそうです。なお、関西沖縄文庫では国際法の観点から琉球を研究する勉強会を1年かけて開催するそうです。非常に重要な実践であると思います。

今日一日、琉球の自治について徹底的には発言し、議論し、考え、琉球の自治についてさらに自らの考えや実践を深めていきたいと思います。また、多くの方との出会いが大変、楽しみです。



スポンサーサイト



<< 海勢頭さんのコンサート(in 名古屋)のお知らせ | ホーム | 京都市の新景観条例から学ぶ 9 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP