FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宮古島と「密貿易」

9月4日の琉球朝日放送におきまして戦後まもなく始まった宮古島における密貿易についてのレポートがありましたので、お伝えします。国境がなく、島を中心に交易活動が展開されれば、島の経済も潤うことを示しているのが「密貿易」時代です。

与那国島でも盛んに交易がおこなわれました。大国にとっては「密貿易」かもしれませんが、島嶼民にとっては近代以前の、国境がない本来の交易の海に戻ったといえるでしょう。

島嶼民の本能に基づいて交易がおこなわれたといえます。




宮古島市の中心街。かつては戦後の復興の象徴として、今以上のにぎわいを見せていました。

1954年の写真です。人と品物があふれ、戦後間もない頃にしてはその豊かさに驚かされます。

中尾宮古商工会会頭「これは今だからいえるのだけれど、経済復興は密貿易のお陰じゃなかったかと」

戦後アメリカ軍は、沖縄本島・宮古・八重山を分割して統治し、互いの往来を厳しく制限しました。その方が統治しやすいと考えたようです。その為、宮古は自力での経済復興を余儀なくされました。

沖縄の密貿易の実態を調査した石原教授は「台湾からの引き揚げ船が密貿易の始まり」と指摘しています。

石原沖国大教授「沖縄にある米軍物資と台湾にある生活物資との交換。自然に物々交換が生まれていく。これが密貿易の始まり」

与那国を拠点として台湾相手に始まった密貿易は、やがて沖縄本島や奄美との間にも広がっていきます。

当時まだ少年だった中尾さんの周りでも、多くの人たちが行っていました。

中尾さん「宮古の黒糖を徳之島あたりで(別の品に)交換した。黒糖はひっぱりだこだったから」

渡真利さんは具志川の文教外語学校に入るため、沖縄本島に密航しました。知人の中には漁船を手配して密貿易を行っている人がいました。

渡真利さん「カツオ節を宮古から持ってきてアメリカの衣服とたばこと交換して、宮古に行って売っていた。ブローカーといっていましたよ、当時は」

密貿易はさらに拡大し、沖縄戦でアメリカ軍が打ち込んだ砲弾の薬莢や、銅などの金属が台湾・香港を経由して中国共産党に流れるようになります。この為、アメリカ軍政府は密貿易の取締りにやっきになりますが、当時の沖縄の警察は動こうとしません。

石原教授「アメリカ軍がいうような取締を強化すると沖縄の人は餓死する。だから見て見ぬふりをする」

中尾さん「(Q:経済復興にプラス?)それはもうすごいプラスになったのじゃないですか?皆やったんですよ。財を持っている人は密貿易に関わった人が多い」

戦後の復興に大きな役割を果たした密貿易でしたが、アメリカ軍政府が、日本本土との正規の交易を認めるようになったのをきっかけに衰退していきます。

石原教授「生きんが為の、本能的な人間の生きる姿が生々しく現れた時代じゃないかと思います」

戦後の混乱期をたくましく生き抜いた宮古の先人たち。そのDNAは今、経済・教育・文化など、あらゆる分野で受け継がれています。
スポンサーサイト



<< 渡嘉敷・座間味でのダイバー制限条例 | ホーム | 1960年代から現在まで続く米軍の軍港建設計画 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP