FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

渡嘉敷・座間味でのダイバー制限条例

2009年10月6日の沖縄タイムスに、「サンゴ保護でダイバー制限 村議会に条例上程へ 渡嘉敷・座間味」という記事がありましたので、お伝えします。

島において持続可能な観光をするためには、島嶼の脆弱な環境を人間が配慮し、自らに制限を課す必要があります。

他の琉球の島々でもダイバー制限とともに、ダイバー教育、サンゴ保全活動参加への促進が求められています。



 サンゴ礁の保護を目的に、渡嘉敷、座間味の両村と事業者でつくるエコツーリズム推進協議会が、来年4月を目指し、ダイバーの立ち入り制限を含む計画を進めている。

ダイビング客増加に伴う同海域のサンゴ礁損傷を防ぐのが狙いで、10月中に環境省などに計画を提出、12月の両村議会に規制方法を定める条例を上程する。

 両村によると、計画では事業者にダイビングの許可を出し、人数枠はサンゴ保全活動への参加などの実績を参考に割り振る。

人数は、ダイビングポイントのサンゴ礁の破壊状況に応じて決めるが、「現在の半分になることもあり得る」(渡嘉敷村の担当者)という。

 2008年施行されたエコツーリズム推進法は、自然環境に配慮しながら観光振興との両立を目指す。

両村は同法に基づき、環境保全策や規制内容を定めた計画「全体構想」を策定、環境省など4省の認定を得た上で規制を実施する。現在は申請前の事前協議段階で、環境省は立ち入り許可を出す判断基準の公平性を求めている。

 慶良間地域では1980年代からダイビング客が増え、サンゴ礁の破壊が進んだ。オニヒトデ駆除など保全活動をしてきた両村の事業者からは同法に基づく規制を求める声が出ていた。2008年10月、両村が同時に同協議会を立ち上げ、全体構想策定を進めた。
スポンサーサイト



<< 龍谷大学民際学研究会ホームページのご紹介 | ホーム | 宮古島と「密貿易」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP