FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

南国リンゴさんからの提案(カジノによる経済自立案)

おはようございます。大津もすっかり秋めいてきました。昨日は、自転車で琵琶湖沿いを20キロほど走ってきました。比良山系、田んぼの中で秋を感じてきました。

南国リンゴさんからのご提案です。

琉球を一国二制度にして、カジノを誘致して、税収減を増やすための、具体的なご提案だと思います。琉球ないでもカジノに関しては賛否両論あります。

子供の教育環境、カジノへの依存、経済破たん等について心配質人が多いようですが、南国リンゴさんはこのような反対論に対して、どのように答えますか。



こんばんは。私も琉球出身です(^^;)。
私は一国二制度が前提であれば、カジノ誘致には賛成です。ラスベガスのようにスロット1台1台に直接税をかければ、沖縄(行政)にとって大きな収益になります。

その収益は、セーフティーネット用に内部保留だってできますし、カジノ収益で治安部隊を設置(雇用の確保)することもでき、やり方次第では“経済と治安”を両立できると思うんですね。

一国二制度なら、法人税率も自由に設定でき、カジノ企業だけに環境・福祉税を課すこともできる。今までのようなオーソドックスな観光スタイル(のんびりドライブ、海水浴・ダイビング、観光施設巡り)では、一人あたりの消費単価に限界があると思います(のびしろがあまりない)。

単価が低いなら、常に数を追い求めることになりますし・・。130万人以上が住んでいる電車のない猫の額のような島にどれだけの観光客を呼び込みさばくことができるか?疑問に思います。交通網にも問題がでてくるかと・・。

 私はオーソドックスな観光スタイル+カジノ観光(ラスベガスのような手品ショー等の公演を含めて)を期待しています。

沖縄は芸能の島だから、空手ショー、エイサーショー、古典芸能ショー、雑技団のようなショービジネスも実現可能だと思ってます。

スポンサーサイト



<< カジノをどう考えるのか(南国リンゴさんにこたえて) | ホーム | 京都市の新景観条例から学ぶ 10 >>


コメント

あの~、さらし者にされたみたいですv-12

沖縄は47都道府県中、所得は全国最下位ですよね。
ジニ係数は他府県に比べてずっと高い。
県民の平均所得が全国一低いのに加えて格差も最高という深刻な状態です。

県民総体の所得をあげないと学力も上がらないし、大学進学率も上がらない、考える人間が生まれてこない、良い人材が育たないと思うんです。
とにかく所得を上げていかなければ、何も解決できないのが現実だと思うんですよ。

カジノへの依存>

では、宝くじ・パチンコ・競馬・競艇・競輪は良くて、なぜカジノがいけないのでしょうか?

子供の教育環境>
所得が低いところからは人材が育たないのです。親が高卒だと高卒の確率が高いのです(私の同級生を見渡しても、高卒の親(放任主義が多い)→高卒の子供orヤンキーを生み出す確率が高い。)
学歴と所得(教育環境)が比例することは周知の事実だと思います。悪循環スパイラルを断ち切るためにも、所得を上げるのが最優先だと思います。

貧しさを克服すること=大学進学率を上げる=教養・知識のある親を作る=教育理念のある親をつくる=子供の教育環境を整えるという発想なんです。

カジノ施設にたむろする子供が増えるのではという人がいますが、警備員・治安部隊の投入でどうにでもなることだと思います。

経済破たん等>
私の考えは、既定の観光産業にカジノ産業を乗っけるという形なので、極めて合理的で効率の良い経済振興だと思います。今のような(消費単価の低い)観光産業でいくほうがずっと破綻に近いと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP