FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カジノをどう考えるのか(南国リンゴさんにこたえて)

南国リンゴさん、コメントありがとうございました。非常に貴重なご意見ですので、あえて、ブログを読んでいる方にご紹介して、議論が盛んになればと思いました。お気持ちを悪くされたら、すみません。このブログは基本的に公序良俗に反しない限り、公開にしたいと考えています。

現在のところ、コメントは南国リンゴだけでしたので、私の私見を述べさせていただきます。



あの~、さらし者にされたみたいです

沖縄は47都道府県中、所得は全国最下位ですよね。
ジニ係数は他府県に比べてずっと高い。
県民の平均所得が全国一低いのに加えて格差も最高という深刻な状態です。

県民総体の所得をあげないと学力も上がらないし、大学進学率も上がらない、考える人間が生まれてこない、良い人材が育たないと思うんです。
とにかく所得を上げていかなければ、何も解決できないのが現実だと思うんですよ。



松島
「日本復帰」以来、琉球の県民所得は現在まで最下位のままです。カジノを誘致したからといって解決できる問題ではなく、構造的な問題であると考えます。琉球から経済的利益の大半が日本本土に還流するシステムを変える必要があります。

他方で、所得、カネがすべてなのかという意見も私にはあります。那覇市等の都市部から離れ、先島諸島に行けば、所得がそれほどなくても、豊かな生活を送っている方が大勢います。琉球における所得に意味をもう一度考えてみる必要があると思います。

小生は『琉球の「自治」』において、そのことについて重点を置いて書きました。


カジノへの依存>

では、宝くじ・パチンコ・競馬・競艇・競輪は良くて、なぜカジノがいけないのでしょうか?



松島
琉球においてギャンブル依存症によって精神科に行き、家庭が崩壊したなどの話をよく聞きます。
ギャンブル一般をこのまま自由に、琉球のどこにも設置することが生活の上で、また観光においてもよいかどうかを考える必要があります。わたしはギャンブル一般を人生を狂わす大きな要因の一つと考えています。




子供の教育環境>
所得が低いところからは人材が育たないのです。親が高卒だと高卒の確率が高いのです(私の同級生を見渡しても、高卒の親(放任主義が多い)→高卒の子供orヤンキーを生み出す確率が高い。)
学歴と所得(教育環境)が比例することは周知の事実だと思います。悪循環スパイラルを断ち切るためにも、所得を上げるのが最優先だと思います。
貧しさを克服すること=大学進学率を上げる=教養・知識のある親を作る=教育理念のある親をつくる=子供の教育環境を整えるという発想なんです。



松島
私の両親や妻は高卒ですし、私の親戚、実家の隣近所も高卒がかなり多いのですが、人格的にも優れた人が多いというのが実感です。私が島々で出会った方にも、中卒、高卒の方も大勢いましたが、地域のことを我がことのように考え、行動している方がたくさんいました。

学歴ではなく、島や地域を自らの頭で考え、行動するかが、そのような人々がどれだけ多くいるかが、島の豊かさを左右すると思います。



カジノ施設にたむろする子供が増えるのではという人がいますが、警備員・治安部隊の投入でどうにでもなることだと思います。



松島
治安部隊というのは、自衛隊以外に、沖縄県が独自に軍隊をもつのでしょうか。もしそうなら、日本国と高度な交渉をしなければなりません。このような治安部隊が増えることで、琉球は監視社会になるのではないでしょうか。




経済破たん等>
私の考えは、既定の観光産業にカジノ産業を乗っけるという形なので、極めて合理的で効率の良い経済振興だと思います。今のような(消費単価の低い)観光産業でいくほうがずっと破綻に近いと思います。



松島
琉球観光の最大の「売り」は、「癒し」であり、修学旅行生、家族連れ、女性連れ等が大きな割合を占めていると思います。一攫千金をねらったカジノが導入されることで、琉球観光のイメージも大きな変更を迫られると考えます。

既存の観光業はむしろ自らのイメージを守るためにカジノを嫌がるのであり、むしろ、外部の巨大資本の進出を受け入れる形になるのでないでしょうか。

カジノ法案の国会通過については、かなり前から議論がありましたが、現在の民主党政権は子供、女性を重視しており、カジノ法案が通過する見込みが遠のいたと思いますが、いかが思いますか。

私が知っているテニアン島にカジノが誘致されましたが、その後、北マリアナ諸島政府の財政、島々の経済が発展したということはありません。


以上、私見をかきました。
南国リンゴさんの、率直なご意見に感謝します。

スポンサーサイト



<< カジノをどう考えるのか(南国リンゴさんにこたえて)2 | ホーム | 南国リンゴさんからの提案(カジノによる経済自立案) >>


コメント

先島諸島に行けば、所得がそれほどなくても、豊かな生活を送っている方が大勢います。

それは一側面だと思います。

豊かな生活を送っているはずの沖縄人が多いはずなのに・・・なぜ、沖縄は自殺率が高いのでしょうか?

治安部隊というのは軍隊ではなく、警備員や民間の警察のような部隊のことをいいます。

基地問題にしても、沖縄は貧しいから足元を見られているのです。理想や理念があっても、貧しいから理想・理念を貫くことができないし妥協してしまう。
これが現実でしょう。

“ギャンブル依存症が増える、心の豊かさ云々、中卒・高卒も人格的に優れた人が沢山いる、カネが全てではないい・・・”。そんなこと言ってちゃ、いつまでたっても沖縄は経済的に発展しないと思いますよ。
競争も生まれないでしょう。
雇用環境も作れないから(県外や海外の大学を卒業した)優秀な沖縄人はソトで就職。
県内の優秀な人は公務員になり産業が生まれない。
いつまでも、基地請負の島としての地位に甘んじることになると思います。

沖縄は東のマカオになれるのです。
東京よりも“上海・福州・台北・杭州・蘇州”が近い。
中国沿岸部の裕福層をターゲットにできます。
外貨・外資を獲得できるのです。
北谷のハンビータウンの真向かいにあるキャンプフォースター一帯が返還されて、そこにカジノを誘致すれば、基地を負担している本島中部地区の人・嘉手納住民も多く雇用できるのです。

はぁ~悲しいかな。
ウチナーンチュは、松島先生のような考え方の人が多いと思うんですね。
松島先生は、学歴も高く、教授という社会的地位を得てますし、所得もそこそこ高いほうでしょう。
手取り10万円程度のウチナーンチュを目の前にして、“カネが全てではない、学歴が全てではない、心の豊かさ云々”沖縄の低層にいる人間に対して“そう”説けますか?

 フルタイムで働いてもリゾートホテルの掃除さ~は月9万円(私の叔母)。バスの運転手は、残業・休日出勤をして体調を壊すくらい必死に働いても15万円。有名な観光施設で5年働いても月給は14万円程度(大卒・いとこ)。これが沖縄の観光業の実態ですよ。

もう疲れてきたので、また気が向いたら書きたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP