FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国際開発学会報道(沖縄タイムス)

11月23日に開かれた国際開発学会のプレイベント、沖縄振興開発シンポについての記事を紹介します。

特色生かし自立へ/沖振計シンポ

 政府による沖縄の振興計画の成果と今後の在り方を議論するシンポジウム「沖縄振興開発計画の回顧と展望」(主催・沖縄大学、同大学創立五十周年記念事業実行委員会)が二十三日、同大学で開かれ、経済の自立や人材育成などについて意見が交わされた。

 沖縄振興計画審議会の会長を務めた清成忠男沖縄協会会長は、第一次沖縄振興開発計画(一九七二―八一年)では、国内の企業が沖縄を越えて東アジアへ進出するのを想定しておらず、将来の状況を誤って認識していたと指摘。経済の自立について「基地はないに越したことはないが、現状として今後、一定期間残る。

基地と経済振興のバランスをどのように図るか、突き詰めて考える必要がある」と述べた。

 東海大学の松島泰勝准教授は沖縄振興開発計画は公共事業への依存体制をつくり、経済的自立は達成されていない。

沖縄振興計画が切れる残り五年間を、内閣府沖縄担当部局を廃止するための準備期間と位置付け、自治の自立度を高めるべきだと提案した。

 また「沖縄は歴史など全く違うモデルを参考にしてきた。ゆいまーるなど沖縄に古くからある協力体制から発展の在り方を考える必要がある。

経済的な人材育成だけでなく、島おこしの担い手の育成も欠かせない」と語った。

 沖縄国際大学の富川盛武教授はこれまでの計画を振り返り、「沖縄と本土との格差は是正されていない。

財政依存は低下しているように見えるが、沖縄に財政力がついたのではなく三位一体改革により国の財源が下がったためだ」と分析。沖縄にある魅力を活性化させ、市場主義やグローバル化と対峙するよう求めた。

 特別基調講演では岸田文雄沖縄担当相が「これからの沖縄政策」と題して講演。沖縄の優位性や特色を生かした産業振興や科学技術の振興などを政策の柱に掲げ、取り組んでいると報告した。


スポンサーサイト



<< 久高島のゆいまーる会議① | ホーム | 宇検村平田の集いの報道(南日本新聞) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP