FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カジノをどう考えるのか(南国リンゴさんにこたえて)2

南国リンゴさんからのお返事が届きました。感謝します。他の皆様も、どしどし、ご自身のご意見をお願いします。このブログが自由な意見交換の場になればと思います。



先島諸島に行けば、所得がそれほどなくても、豊かな生活を送っている方が大勢います。>

それは一側面だと思います。

豊かな生活を送っているはずの沖縄人が多いはずなのに・・・なぜ、沖縄は自殺率が高いのでしょうか?


松島 『琉球の「自治」』『環:今こそ琉球の自治を』で紹介しているような、私が出会った人々の中に私は本当に豊かさを見出しました。このような琉球人は本来もっと多かったと思いますが、特に、「復帰後」、開発、近代化、市場総経原理が怒涛のように琉球に導入され、その中で倒産、失業、病気、社会的孤立等により、自殺率が高くなったと考えます。


-----------------------------------------------------------------------------
2009/10/12 18:16 | 南国りんご #hkjhWKO2 URL [ 編集 ]
治安部隊というのは軍隊ではなく、警備員や民間の警察のような部隊のことをいいます。



松島

 カジノを琉球に増やすことにより、島には警備員、民間警察、監視カメラも同時に増えて、
監視社会になり、住民は非常に住みづらくなるのではないですか。警備員や民間の警察を総括するのは沖縄県庁ですか。そうであれば、沖縄県庁は大きな権力組織となり、カジノ以外のことについても、住民を監視、支配するようになるのではないですか。

-----------------------------------------------------------------------------
2009/10/12 18:19 | 南国りんご #hkjhWKO2 URL [ 編集 ]
基地問題にしても、沖縄は貧しいから足元を見られているのです。理想や理念があっても、貧しいから理想・理念を貫くことができないし妥協してしまう。
これが現実でしょう。



松島

カジノにより、自主財源を増やし、国からの経済依存をなくし、失業問題、低所得問題を独自で解決することで、理想や理念を実現できるという、南国リンゴさんのお考えは、理解できないこともありません。実際、日本政府は、琉球の依存性を利用して基地を押し付けているのですから。

しかし、私はカジノを誘致し、カジノが琉球中に広がる過程で、社会問題が発生し、自治体の管理費用も増大し、結局は経済自立につながらないと考えます。カジノは琉球にとって内発的な産業になるのでしょうか。

琉球のこれまでの内発的発展、自治、平和の実践は理念や理想であるとともに、現実に裏付けらたものであると私は考えます。経済自立をしてから理想や理念を実現するのではなく、今直ちに、自らの理想、理念を主張し、実現せしめようとするのが、人間の当然の姿ではないでしょうか。




“ギャンブル依存症が増える、心の豊かさ云々、中卒・高卒も人格的に優れた人が沢山いる、カネが全てではないい・・・”。そんなこと言ってちゃ、いつまでたっても沖縄は経済的に発展しないと思いますよ。
競争も生まれないでしょう。
雇用環境も作れないから(県外や海外の大学を卒業した)優秀な沖縄人はソトで就職。
県内の優秀な人は公務員になり産業が生まれない。
いつまでも、基地請負の島としての地位に甘んじることになると思います。



松島
南国リンゴさんは、経済発展の理想像を東京、大阪のような場所を考えてませんか。私は東京に住み、大阪にもよく行くのですが、琉球に比べて必ずしも豊かな場所であるとは思いません。失業、自殺、犯罪等、多くの問題が山積しています。開発、競争による経済自立を目指して突き進む過程で、琉球は自らがもってきた宝を失ってきたのではないでしょうか。

「優秀な沖縄人」とは誰ですか。学校の成績が高得点をとり続けた人ですか。本当に優れた人は、自らの力で生きる土台をつくっている琉球人であると思います。西表島の石垣金星さん、音楽家の海勢頭豊さん、久高島の内間豊さん、奄美大島の新元博文さん、伊江島の阿波根昌鴻さん等、学校の成績は優秀でなかったかもしれませんが、私が出会った方々は、島の生存を自分自身のこととして考え、島の自治を率いてきて来られた方がです。

ぬちまーす、紅芋タルトなど、琉球人で独自な地域に根差した経済活動をしている人が増えているのではないですか。琉球も捨てたものではありません。琉球とはこれまで縁もゆかりもないカジノに夢を託す必要もありません。



沖縄は東のマカオになれるのです。
東京よりも“上海・福州・台北・杭州・蘇州”が近い。
中国沿岸部の裕福層をターゲットにできます。
外貨・外資を獲得できるのです。
北谷のハンビータウンの真向かいにあるキャンプフォースター一帯が返還されて、そこにカジノを誘致すれば、基地を負担している本島中部地区の人・嘉手納住民も多く雇用できるのです。


松島
琉球は非常に良い地理的場所にあり、カジノの成功のための夢は広がります。かつて、琉球の将来像として、香港、シンガポール、ダブリン等がモデルとされましたが、すべて失敗に終わっています。今度、またマカオをモデルにしても、同じように失敗する可能性があります。ただ、琉球の位置がいいだけでなく、過去の失敗の原因を明らかにして、富裕層を誘致するための戦略を具体的に考えなければ、机上の空論に終わってしまします。

カジノができたとして、地元住民はどのような職種としてカジノで働くのですか。現在の観光業の大部分にみられるように、不安定、重労働、低賃金の雇用が増えるだけではないですか。




はぁ~悲しいかな。
ウチナーンチュは、松島先生のような考え方の人が多いと思うんですね。
松島先生は、学歴も高く、教授という社会的地位を得てますし、所得もそこそこ高いほうでしょう。
手取り10万円程度のウチナーンチュを目の前にして、“カネが全てではない、学歴が全てではない、心の豊かさ云々”沖縄の低層にいる人間に対して“そう”説けますか?

 フルタイムで働いてもリゾートホテルの掃除さ~は月9万円(私の叔母)。バスの運転手は、残業・休日出勤をして体調を壊すくらい必死に働いても15万円。有名な観光施設で5年働いても月給は14万円程度(大卒・いとこ)。これが沖縄の観光業の実態ですよ。



私は南国リンゴさんのように考える琉球人も多いような気がします。
私は、琉球の島々やグアム、パラオで生まれ育ち、働いてきました。年に5、6回は、琉球の島々に行きます。
外に住んでいるがゆえに、琉球の社会や自然の破壊に心を痛めています。私は一人の経済学者として、なぜ、琉球が植民地的経済構造(低賃金、不安定、利益の日本本土への還流等)の問題を明らかにし、これを克服するための、内発的発展の道を考えていきたいと考えています。

琉球の植民地的経済の実態については私も知っています。その問題を解決するために、市場競争原理を琉球に導入し、カジノを誘致したのでは、さらに、植民地的経済の構造が深まるのではないかと私は思います。



もう疲れてきたので、また気が向いたら書きたいと思います。



松島

南国リンゴさんは真摯に琉球について考えているかただと推察いたします。

11月13日から15日まで、平安座島において、「ゆいまーるの集い」がありますので、ぜひともお越しください。直接、いろいろとお話ができれば幸いです。

またブログでもご意見お願いします。南国リンゴさんとの意見交換は、私にとっても勉強になります。ありがとうございます。
スポンサーサイト



<< 龍谷大学民際学研究会開催のお知らせ | ホーム | カジノをどう考えるのか(南国リンゴさんにこたえて) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP