FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鹿児島県で琉球侵略シンポの開催

10月5日の南海毎日新聞に島津侵略400周年についてのシンポに関する記事が掲載されていましたので、お伝えします。




島津藩が1609年に奄美・琉球を侵略してから400周年に当たり、その歴史を見詰め直すとともに、奄美の未来を考える集会(同実行委員会主催)が3日、鹿児島市の県教育会館で開かれ、基調報告やシンポジウムなどがあったほか、奄美の歴史、文化、自然・環境に関する広報・教育の充実を求める決議を採択した。

また、焼酎やミキなどが振る舞われる中、詩の朗読や島唄、新民謡なども披露され、奄美らしさをアピールした。

 出身者を中心に鹿児島市で活動する「奄美を語る会」(世話人・仙田隆宜さん)の関係者らが企画し、奄美からの参加者も含めて約200人が詰め掛けた。

 出水市出身で歴史作家の桐野作人さんが「島津氏の奄美・琉球侵略の背景と実態」と題して基調報告。奄美・琉球侵略の背景に11万8千石の隠知行(領地隠し)の発覚に伴う藩の財政難があったとする説や島津軍のよる蛮行ぶり、琉球王朝財宝の略奪などの実態を説明した。

 その上で、「『鹿児島県史』は戦前の1939年に作られたもの。奄美・琉球侵略、琉球処分も語られておらず、新しい県史刊行に歴史研究者が使命を果たすべき」「鹿児島は明治以降東ばかりに目を向けていた。西の奄美・沖縄、アジアとの人、物、情報の流れを盛んにする視点を」と強調した。

 シンポジウムでは、鹿児島大講師の杉原洋さんを司会に、鹿児島国際大名誉教授の山下欣一さん、陶芸家の第?E代沈壽官さん、南方新社代表の向原祥隆さん、龍郷町出身で団体職員の山田隆文さんが発言した。

 その中で、「文献に書かれた歴史だけでなく、人々の日常生活中にある歴史、先人の知恵にももっと目を向けて」(山下さん)、「これからもいかなる圧制にも耐え続けたたくましく、万物にも優しいシマの民衆の心であってほしい」(山田さん)、

「奄美には自分たちの文化を愛するパワーを感じる。鹿児島であることにメリットがあるのか、分県すべき」(向原さん)、

「奄美の各島々とも『世界一』の目線でそれぞれの文化に磨きを掛けてほしい」(沈壽官さん)などの注文、提言が出された。

 集会の冒頭、伊仙町出身の詩人・茂山忠茂氏が自作の詩を朗読、シンポジウム後は徳山芳夫さん(龍郷町出身)と久保タカ子さん(喜界町出身)が「徳之島節」など島唄を披露したほか、新民謡の演奏もあった。
スポンサーサイト



<< 泡瀬埋め立て事業への公金支出差し止め判決 | ホーム | 龍谷大学民際学研究会開催のお知らせ >>


コメント

すごくいい取り組みですね。
鹿児島県史にはそのような視点が欠落していたとは驚きです。砂糖を使ったモノカルチャー経済にした島津の支配はヨーロッパ諸国による植民地支配という問題とも関連してくると思います。アメリカにおけるイギリスの植民地支配と島津による奄美諸島の植民地支配を比較検討する作業も必要になってくると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP