FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

道の島州:前利さんの提案

鹿児島において、島津侵略に関するシンポジウムが開催されたことについて、「みつ」さんから、コメントがとどきました。ありがとうございます。

「すごくいい取り組みですね。
鹿児島県史にはそのような視点が欠落していたとは驚きです。砂糖を使ったモノカルチャー経済にした島津の支配はヨーロッパ諸国による植民地支配という問題とも関連してくると思います。アメリカにおけるイギリスの植民地支配と島津による奄美諸島の植民地支配を比較検討する作業も必要になってくると思います。」

世界史の中で奄美、琉球支配を検討するのが当然であると私も思います。国内問題、ある地域の問題ではなく、世界的な問題であると思います。学者のタコツボ化が、島津問題を矮小化しているのではないでしょうか。

南海日日新聞の10月8日の記事に、島嶼学会で前利さんが琉球の道州制について提案されたことが書かれてありましたので、お伝えします。前利さんのほうから、道の島州の内容について、さらに具体的な提案があれば、幸いです。





島々の持つ可能性や課題を多角的に考える日本島嶼学会(嘉数啓会長)は2~4日、沖縄・久米島大会を開いた。今回のテーマは「島嶼における自然環境と地域社会の共生をめざして」。

赤土問題やサトウキビ産業、循環型経済、環境保全対策などの現状と課題報告、提案があり、エコと経済の調和を訴えた。
 
久米島はクメジマホタル(沖縄県指定天然記念物、絶滅危惧種)の再生をはじめ、自然環境の回復と生産活動の調和を目指してさまざまな取り組みが行われている。シンポジウムは3日、久米島町農村環境改善センターであり、平良朝幸町長と大城肇氏(琉球大学)、上江洲智一氏(久米島製糖)、吉永安俊氏(琉球大学)、佐藤文保氏(久米島ホタル館)が登壇した。

 平良町長は「離島における自立」と題して報告。「1万人弱の島で地域活性化は難しく、周遊型の観光には耐えられない」と指摘し、自然環境を生かした食物アレルギー対応型観光に取り組んでいる事例を紹介した。

 大城氏は「循環型経済社会の構築」を提案した。島嶼は固有の自然体系を持っているが、島の規模が小さいが故に観光客の増加など外からの力にもろい実態を説明。「循環のためには分解が必要」と指摘し、バガスの堆肥利用など島でできる3R(リデュース、リユース、リサイクル)を提唱した。

 上江洲氏はサトウキビ産業の現状について奄美と同様、「生産量が減少して、製糖工場の採算がとれなくなっている」と報告した。吉永氏は「畑地からの赤土流出と防止対策」を取り上げ、「土壌面を敷き草などで保護する。勾配を小さくする」「水路をほ場内に適宜に配置し、表流水の集水域を小さくする」ことを提案した。

 佐藤氏は久米島が取り組んでいる「自然環境とワイズユース(賢明な利用)」について報告した。ダムや周辺で進めている人工の湿地棚田やホタル水路の整備、児童らによる水生植物の放流などを実施したところ、ホタル水路を整備した川はホタル観賞地に生まれ変わったという。

サンゴ礁を復活、再生させる取り組みにも言及した上で「温暖化を改める生き方が必要、森や川から学ぶことがとても大切だ」と強調した。

 シンポジウムに先立って2日、会員の研究発表もあり、前利潔氏(知名町中央公民館)が「道州制(沖縄単独州)と奄美諸島」と題し発表、「道州制を琉球王国の記憶で呼び掛けられても(奄美側には)違和感がある。薩摩侵攻以来の400年の問題を整理した上での議論が必要だ。奄美側から鹿児島を含めた『道の島州』の提案があっても面白い」と述べた。
スポンサーサイト



<< 奄美大島おがみ山バイパス事業 | ホーム | 泡瀬埋め立て事業への公金支出差し止め判決 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP