FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

明治学院大学国際シンポジウムのご紹介

ゆいまーるの集いでも、西表島、沖永良部島にも参加された、明治学院大学の竹尾先生が、所長をつとめている明治学院大学国際平和研究所主催の国際シンポジウムが開催されます。私も発表しますので、同シンポのチラシをご紹介させていただきます。





                自治と自立を求めるさまざまな声
                   ~国なき民族の現在~
           Different Voices for Autonomy and Self-Determination
                   Situation of Nations without States

日程 2009年12月5 日(土) 
    2009年12月 6日(日) 
会場 明治学院大学白金校舎 本館10階大会議場
参加費:無料 (要申込)
主催:明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

国民国家の成立以来、地球の表面は国家によって分割されてきた。2009年現在、国際連合に加盟している国家は192カ国であり、1945年の原加盟国が51カ国であったことを思えば、半世紀の間に国家の数は3倍になろうとしている。ちなみに21世紀になってからの加盟国はスイス、(新)ユーゴスラビア、東ティモール、モンテネグロである。

人々にとっていずれかの国家に属することが常態になっていて、その生活世界への影響ははかり知れない。しかしそれぞれの国家の内情はさまざまであり、いわゆる単一民族によって国家が構成されている例はむしろ例外的であり、多くは複数の民族集団が混成して「国民」を形成している場合が多い。

国民には同等の権利が保証されているだろうか?国民国家形成の過程では、多数派の価値観や文化が主流となって、少数派には不公平な状態が発生することもしばしばであった。極端な例ではドイツ第三帝国において、ナチスがドイツ民族と定義した範疇に入らないユダヤ人・ジプシー・同性愛者・障害者が抑圧さらには大量虐殺の対象になった。今日、状況は改善されているだろうか?

後藤新平は日本の近代社会において「自治」の確立が急務であることを説き、実践した。後藤によれば「彼らの(主権者と解する:注記は筆者)生活を彼らの自治に委ねるのは、自分の生活を自分が支配し、自己の運命に対しては自己が責任を負うということになる」(後藤新平『自治』2009、藤原書店)自治にはさまざまなレベルがあり、個人から地域社会、国家にいたるし、政治的な権利から経済権さらには文化的なアイデンティティに及ぶものであろう。

しかしどのレベルにせよ、自分(たち)の現在と未来を自身で決定する権利の保証であることに疑いはないであろう。その実現は必ずしも容易ではないのである。

今回のシンポジウムでは、異なる歴史的・地勢的背景をもつ3つの民族を取り上げた。すなわちクルド人、ナガランド人、沖縄人である。それぞれの民族・集団は優位な集団の支配的な国家に組み込まれた共通点をもっている。その現状はどのようなものだろう?彼らが後藤新平のいう「自治」を手にすることにどのような障害があるのか?

こうしたケースへの考察が相対的な少数者の権利擁護と回復、さらには多数者の未来を開くものでありうるのか、可能性を探ってみたい。

プログラム 
12月5日(土) 14:00-17:30
14:00-14:10 開催挨拶・趣旨説明

14:15-15:45
セッション1: 琉球の自治と自立-薩摩侵攻400年、琉球処分130年を契機として―
    司会:竹尾茂樹(PRIME所員)
発題者:松島泰勝(龍谷大学)
     コメント:浪岡新太郎(PRIME所員)

16:00-17:30
 セッション2:ナガ・ナショナリズムの現状と国際的な先住民族運動
     司会:高原孝生(PRIME所員)

発題者: エイブラハム・ロタ(聖ジョセフ・カレッジ(インド・ナガランド州))
     コメント:木村真希子(PRIME助手)

18:00-20:00 レセプション

12月6日(日) 10:00-17:00
10:30-12:00

セッション3: クルドの人びとの現在
司会:平山恵(PRIME所員)
発題者:松浦範子(フォトグラファー)
     コメント: ナギザデ・モハメド(PRIME所員)

13:30-16:00
セッション4: 国際法から見た少数民族の自治権、自決権
 司会:東澤靖(PRIME所員)

発題者:孫占坤(PRIME所員)
     コメント:苑原俊明(大東文化大学)
     コメント:松島泰勝、エイブラハム・ロタ、松浦範子

閉会

*プログラムは変更の可能性もございます。予めご了承下さい。詳細は、ホームページをご覧下さい。

URL: http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/

■ お申込み・お問合せ 
件名に「国際シンポ申込み」とご記入の上、お名前、ご所属(または学籍番号)、連絡先をお伝え下さい。

 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
 〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37 本館9階 tel: 03-5421-5652 fax:03-5421-5653

 E-mail: prime@prime.meijigakuin.ac.jp
スポンサーサイト



<< 民主党の政策と八重山 | ホーム | やんばるの林道建設問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP