FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

民主党のマニフェストと八重山

9月12日の八重山毎日新聞に、政権を取った民主党のマニフェストが実現された場合、八重山諸島がどのような影響をうけるのかについての社説が掲載されていましたので、お伝えします。

マニフェストは全国一律に実施されるわけですが、それぞれの地域には地域独自の個性、歴史文化、地理的背景があり、画一的な政策の実施によって、地域社会が大きな影響を受ける可能性があります。これまでの振興開発も全国一律のやり方で実施されたために、島々の環境が大きく破壊されてきました。

地域の特性を踏まえた、島嶼地域の住民や中小企業の痛みに配慮した、心ある、多様なマニフェストが必要です。

「離島桟橋」から発着するボートはスピードを競い、ゆっくり島々をながめ、海の底の魚をみる余裕がありません。それは観光客が早く目標地点につくことを求めているからにほかなりません。水牛車のように、ゆっくりとした、システム化されない、島の旅のスタイルが広がればと思います。




■高速道路無料化は大打撃
 去る8月30日に行われた総選挙の結果は民主党が圧勝し、わが国で初めて本格的な政権交代が実現、政治や社会の仕組みが変わろうとしている。

新政権の課題はいくつかあるが、八重山のリーディング産業である観光業界から期待と不安の声が上がっている。自民党政権が打ち出した高速道路一律1000円(土日祝日)政策は不況や安・近・短志向の世相を反映し、本土の都市近郊観光地やドライブウエー関係者を潤したが、沖縄観光、航空業界、鉄道・バス旅行、フェリー業界へは大きな打撃となった。

 中でもフェリー業界への影響は大きく、昨年に比べて30%以上も売り上げが減少し赤字航路が拡大、関西汽船や阪九フェリーなど大手各社と海員組合は去る4月、国土交通省に緊急支援対策を要請した。

 しかし新政権はさらに進めて高速道路を「いつでも無料化」するとマニフェストで公約しているので離島県の離島である八重山観光への悪影響が懸念されている。

この政策をそのまま実行すると交通・運輸・観光など従来のシステムが崩壊し路線の廃止や雇用が失われる危険性をはらんでいる。新政権はこれら離島圏域の事情を慎重に考慮し、住民の生活や地域振興の立場から弱者に対する有効な施策を同時に図るべきである。

■暮らしを支える政策は期待
 しかし高齢者世代が不安に感じていた年金や医療・介護など社会保障制度改革に筋道を付け、働き盛りの世代に対する子育て・教育支援策など新政権が明確な将来像を分かりやすく国民に示すことが出来れば日本全体に漂っている漠然とした先行き不安や閉塞(へいそく)感を取り除き、希望が持てる社会へと変わっていくことを期待したい。

 内閣府によると日本人の個人貯蓄は世界トップクラスで一人当たり1070万円に達しているという。一方、もっとも大きな経済活動の指標である個人消費はGDP(国内総生産)の55%程度でアメリカなど(約70%)に比べ低迷が続いている。

安心・安全な社会の将来像を示すことによって不安が払しょくされ、国民が身を守るための貯蓄志向から消費志向に転換し景気が盛り上がることが期待され、その意味で観光業界も旅行需要の復活に期待が高まってくる。

■八重山全体をエコの島に
 また新政権は2020年までに温暖化ガス(CO2など)の排出を25%削減する目標をマニフェストに掲げている。化石燃料(石油・石炭・天然ガスなど)を多用する現代社会は地球環境を崩壊に導いている。

温暖化の進行は気候変動、海水面の上昇、生態系・市民生活を破壊する。環境を守ることは観光を地域活性化の切り札にする八重山にとって重要な課題であり、官民上げて強力に取り組むことが観光地として生き残る大きな分岐点になってくる。

 幸いなことに石垣島は周囲120キロで電気自動車に適し、モデルケースとして行政やメーカーの支援を受ける事ができれば、レンタカー、タクシーなどを全車電気自動車へと転換し、エコの島として全国にアピールすることが出来る。

字宮良や西表島のカヌー観光も化石燃料を使わず環境に配慮した点が好感され人気を呼んでいる。

 竹富島や由布島の水牛車観光が目玉となったように、ウィーンなどの海外観光地や京都など国内観光地では馬車観光や人力車観光が人気で有望な省エネ観光になる。

離島航路の3社は数やスピードを競うばかりでなく、旅の感動を誘うサンゴ礁や熱帯魚観賞をしながら遊覧する本来の「八重山らしい」観光を目指すべきだろう。景観や環境に配慮し、省エネでエコの島を島全体でアピールする工夫が求められている。
スポンサーサイト



<< 竹富島の水牛車営業所問題 | ホーム | 民主党の政策と八重山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP