FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

竹富島の水牛車営業所問題

10月23日の八重山毎日新聞に竹富島の水牛車営業所問題についての記事がありましたので、お伝えします。

本NPOの理事であり、竹富島在住の上勢頭さんから次のような話を聞きました。神の道に新しい水牛車営業所が建設されようとしたとき、島民が手をつないで開発を止めようとしましたが、業者はそれを無視して営業所を建設し、島の神聖な場所を侵害するようになった、非常に嘆かわしいと。本当に悲しい顔をされていました。

竹富島には「うつぐみ」の精神と活動がありますので、いろいろな問題が発生しても、今回の記事のように皆で力を合わせて、自分たちにとって住みよい島づくりをしていくと思います。

住民だけでなく、観光客にも自治的自覚が必要です。同じ人間が島で生活していることを忘れては困る。






竹富保育所保護者会の内盛正聖会長らが22日午前、川満栄長町長を訪ね、竹富観光センター水牛車営業所が保育所前に移転したことで、大型バスや水牛車の往来が激しくなり、子どもたちにとって危険な状況になっていることや水牛の糞尿による悪臭などの被害を訴えた。

 同営業所は昨年5月、保育所前に移転され、営業所へのバスの乗り入れや走行時に舞い上がる砂ぼこり、水牛の糞尿のにおい、昼寝時間の三線の音や観光客の声などが保育環境に影響を与えているという。

 また、観光客が園庭で遊んでいる子どもたちを無断でカメラやビデオで撮影したり、園内に入ってくることもあったという。

 内盛会長は「安心した保育ができず、危機管理上、保育所前に営業所があるのはふさわしくない」と訴えた。

 同保育所園長でもある川満町長は「町有地の整備や代替地の準備を検討している。皆さんの心配が解消されるよう取り組んでいきたい」と話した。
スポンサーサイト



<< 泡瀬干潟事業の問題性 | ホーム | 民主党のマニフェストと八重山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP