FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄の内発的発展を考える(藤原書店『環』39号所収)のご紹介

今週から全国で発売される、藤原書店の雑誌、『環』に法政大学元総長、沖縄協会会長の清成忠男先生と、私が「沖縄の内発的発展を考える」と題して、講演、対談をした内容の文章が掲載されています。

このイベントは、今年6月、法政大学沖縄文化研究所主催で法政大学で行われた講演、対談をもとにしたものです。その際、同研究所の屋嘉所長には大変お世話になりました。

また、鶴見和子さんを偲ぶ会で行われ、私も出させてもらいましたシンポジウムも『環』にて紹介されています。

現在、私は『環』39号を読んでいますが、医の在り方を根本から考え直す企画もあり、大変、刺激的な内容になっています。

昨日の日経新聞でイバン・イリイチの脱学校の思想が高く評価されていたように、現在、日本の制度化され、閉塞状況にある、医療、学校、官僚制度、補助金制度を変えようという静かな動きが始まっているように思います。

『環』39号の内容は次の通りです。




新しい時代に向けてトータルな知の総合を企図する学芸総合誌

「生―老―病―死」。
これは、いのちあるものの一生である。しかも、このこと自体がとても尊い、かけがえのないことである。とくに、生命の誕生と死は、一生のなかで最高のハレのときだ。

わたしたちは、この一生をいつのまにか、社会や国家に管理されてしまっている。殆どの現代人は、今、病院で生まれ、病院で死ぬ。そのことを当然のごとく、 何の疑問も抱かないで受け容れる。死ぬ時ですら、自分で死に場所を選択することもできない有り様だ。恐ろしい時代になった。近代医療は、年々産業化の度を 強め、特に医・薬業界の結びつきは、一体といっても過言ではない。カネがなければ、まともに死ぬことすらできず、野垂れ死にするしかない現在である。

「医」とは何であろう。現代社会は、さまざまな病気を作り出し、そのために、医・薬業界は繁栄する。そもそも病いにならないようにするにはどういう生活を すればいいのか、という予防医学的発想にたてない。日々「近代化」、「産業化」されてゆく社会の中で、無自覚的に近代医療を選択し、管理されてゆく現代 人。

わたしたちは、今、この管理された医療システムの呪縛から解き放たれるにはどうすればいいかを、生と死の原点から考えてみたいと思う。


■【特集】「医」とは何か

●いま、生と死の原点から考える。

〈座談会〉「医」とは何か――医療依存を超えて

鎌田實+仁志天映+三砂ちづる+山田真(司会=編集長)

自己責任としての健康――まっぴら御免!

イバン・イリイチ(訳=藤智子)

医と死――死をめぐる民俗学の視点

新谷尚紀

医のもう一つの仕事

大津秀一

「痴呆症」と終末期医療

大井 玄

地域を生きる医療

方波見康雄

沖縄県大宜味村の再生【食・農・医の見直しとしての地域活性】

平良一彦

医療政策の透明化に向けて【医療統計と地方税財政制度の問題点】

井伊雅子

「反」はどこに行ったのか

立岩真也

断食で生まれ変わる

鈴木一策

現代社会における「死」のありようを考える

波平恵美子

現代を生きる【病・老・死にどう向き合うべきか】

高 史明



■〈書物の時空〉

●名著探訪

大沢文夫 『胎児の世界』(三木成夫著)

高橋英夫 『江戸後期の詩人たち』(富士川英郎著)

針生一郎 『アジアが生みだす世界像』(鶴見俊輔編)

安丸良夫 『20世紀の歴史』(ホブズボーム著)

●書評

谷川竜一 『都市計画家 石川栄耀』(中島直人ほか著)

出でよ、愛の都市計画家!

宮瀧交二 『奈良貴族の時代史』(森公章著)

寡黙な木簡群に語らせる奈良時代政治史の再評価

●連載 明治メディア史散策 2

粕谷一希 友人としてのメディア

●本をめぐる対話 4

比較という思想【西洋・非西洋・日本】

平川祐弘+粕谷一希



■寄稿

●一人の日本人の思想を決定付けた、後藤新平が取り持つ太平洋を越えた出会い

開米 潤 松本重治とC・A・ビーアド【後藤新平が結んだ二人のリベラリスト】

●イスラームを知るための最良書!

白須英子 〈講演〉イスラーム世界の宗教改革現象【R・アスラン著『変わるイスラーム』をめぐって】



■連載

●古文書から見た榎本武揚――思想と信条 3

合田一道 蝦夷の大地、燃ゆ 

●近代日本のアジア外交の軌跡 7

小倉和夫 日露戦争における日本の対ロシア世論工作

●水の都市論――大阪からの思考 8

橋爪紳也 島

●伝承学素描 15

能澤壽彦 伝承と設計――神道未来像片影 





■【小特集】 追悼 杉原四郎

二〇〇九年八月に逝去された杉原四郎氏が、マルクス、ミル、河上肇を中心とした研究のなかで、書誌の果たす役割を重視しつつ、経済史に遺されたメッセージとは。

一海知義 井上琢智 入江節次郎 植村邦彦 内田弘 戒田郁夫

熊谷次郎 公文園子 栗原哲也 小嶋康生 小島修一 後藤嘉宏

逆井孝仁 重田晃一 杉原薫 住谷一彦 高橋哲雄

田中敏弘 田中秀夫 田中秀臣 角山榮 中村宗悦

服部正治 深井人詩 藤井隆至 松尾尊 的場昭弘

八木紀一郎 山田鋭夫 吉沢英成 若森章孝

後 記(藤原良雄)/略年譜/主要著作



■【小特集】 新疆ウイグル問題

●ウイグル問題の本質を見抜くため、歴史と政策を見直す。

二〇〇九年七月、中国の新疆ウイグル自治区で勃発した漢族とウイグル族の「対立」。多数の死傷者と出しながらその実情と因果関係の見えにくい問題の奥にあるものは。

ウルムチ暴動と中国の危機【「開発援助」は何をもたらしたか】

加々美光行

ウイグル問題とは何か

宮脇淳子





●鶴見和子さん没後三年。

山百合忌――鶴見和子さんと語る会

自身の創造した「内発的発展論」という概念の深化を最晩年まで追究した鶴見和子さん。没後三年を機に、命日の七月三十一日に、その思想の継承に向けて語り合う集いが開催された。



●近代日本政治の歴史、システム、力学を熟知した著者ならではの考察

2009・政権交代の意味【政治の終わり、政治の始まり】

御厨 貴



●対談 沖縄の内発的発展を考える

清成忠男・松島泰勝

地域主義の第一人者と、琉球の島嶼性を捉えなおしてきた気鋭が、沖縄における内発的発展の可能性を探る。
スポンサーサイト



<< 民主党政権と基地問題 | ホーム | 泡瀬干潟事業の問題性 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP