FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2週間後に迫る「ゆいまーるの集い in 平安座島」

ゆいまーるの集い in 平安座島が13日から15日まで開かれます。後、2週間です。私はこれまで5回、集いの開催を準備し、参加してきましたが、それぞれ島々で新しい出会いがあり、また、旧知の方々の再会もあり、さらに、多くの学びがあります。

島の人が抱える問題、内発的発展の試みを島の方から直に聞き、自らの考えを述べるということを、
それぞれの参加者が自治的自覚を持ちながら、やり続けることによって、島を自らの力で治める力になり、海を越えた人と人との太いネットワークができると考えます。

一回限りの会議や集いではなく、この「ゆいまーるの集い」は、「琉球の自治」という高い理想を掲げてこれまで続けてきました。この蓄積の上に、第6回の集いが平安座島で開かれます。

今回は、平安座島で生まれ育った、海勢頭豊さんが、深い思いを込めて、平安座島でのスケジュールを決めてくださいました。13日の海勢頭さん自身による、島々の古代史を考える、感じる島めぐりは、通常の「沖縄ツアー」ではありえないことであり、一般の人が参加できるのは、この機会が唯一かもしれません。

14日の島ゆかりの方による多方面からの発言、それを受けて、参加者による議論も、パネラーが舞台に座り、上から高説を述べるような通常のシンポとは、まるで違います。車座ですので、関係性は平等です。

対等な人間として、「琉球の自治」という理想を共有しあう者として、議論をし、互いに勇気を述べあう場です。


この集いは、地球に住むすべての人に開かれていますので、関心がおありの方は、私にご連絡ください。


集い関連のチラシです。



第6回「ゆいまーる」の集い in平安座島

日程: 2009年11月13日(金)~15日(日)
場所: 平安座島

会場: 平安座自治会館
宿泊: 観光ホテル平安
主催: NPO法人ゆいまーる琉球の自治、後援: ひやむぎ文化研究会
 スケジュール

11月13日 海勢頭さんの案内で風光明媚な勝連グスク、浜比嘉島、平安座島、伊計島、宮城島を訪ねる、古代琉球開闢の遺跡めぐり。
午後6時頃からホテル平安で交流会。


11月14日 朝9時より平安座自治会館にて。               (敬称略) 
<発言者>

金城実(彫刻家、浜比嘉島出身)平安座島と浜比嘉島の漁民による浮原島漁業権争い顛末記。
仲程昌徳(琉球大学名誉教授、文学博士。うるま市赤野出身)詩人:世礼国男論

奥田良正光(元与那城村長、平安座島)平安座の歴史、海中道路と石油基地。
新里米吉(沖縄県議会議員、平安座島出身)平安座のバレーボールの歴史。
謝名元慶福(劇作家、平安座島出身)平安座から生まれた「島口説」や「海の一座」の誕生秘話。

玉栄章宏(エコ運動家、平安座島)現在の平安座の活性化に向けた「大バンタ」復元の夢。
高安正勝(ぬちまーす社長、うるま市具志川出身)製塩にかけた思い、そして宮城島に拠点を移した思い。

海勢頭豊(音楽家、平安座島出身)平安座に生まれて始まった古代日本の謎解きの旅。
夕方18時頃から自治会館大ホールにて歌を聴きながら大交流会!
差し入れ歓迎。会費2千円。

11月15日 午前中、自治会館にて集いを行い、正午解散
 宿泊施設

観光ホテル平安、〒904-2426 沖縄県うるま市与那城平安座2421-1
Tel 098-977-8230 Fax 098-977-8019、歯ブラシ・タオル・パジャマつき

1泊朝食付き4800円~(シングル5500円、バストイレ共同であれば4400円。ツインは一人4500円、バストイレ共同であれば一人3400円)

 問い合わせ:松島泰勝(090-9180-8778、matusima345@yahoo.co.jp)
 申込先:本集いへのご参加、ホテル宿泊の申込については、

藤原洋亮(03-5272-0301,yosuke@fujiwara-shoten.co.jp),または松島泰勝までお願いします。
スポンサーサイト



<< 奄美大島龍郷町の今井大権現祭 | ホーム | 沖縄総合事務局廃止に進む >>


コメント

TheTakaboe

是非 ぜひ参加した~い!
でも仕事が・・・
あ~。

Re: TheTakaboe

ご都合がつくようでしたら、ご参加ください。

> 是非 ぜひ参加した~い!
> でも仕事が・・・
> あ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP