FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美大島龍郷町の今井大権現祭

10月27日の南海日日新聞に奄美大島龍郷町の今井大権現祭について報じられていましたので、お伝えします。

非常に神秘的で、島の原初性を伝えるようなお祭りであるように思います。ユタが祭の主体を務めているところも、琉球文化圏における奄美大島の独自性を示しています。

海の女神と、天の男神とを招き寄せ、結合させるという、壮大な宇宙観も魅力的です。

竜宮の神は、平安座島でも祭られており、奄美大島とのつながりを感じさせます。




 旧暦9月9日に当たる26日、龍郷町の安木屋場集落では、自然界の神々に祈りをささげる「今井大権現祭」があった。白装束に身を包んだユタらが海の女神と天の男神を神社に招き寄せる儀式を行
い、参拝客は無病息災や航海の安全を祈願した。

 今井大権現神社には「太古の竜宮(女神)が神代の始まり」との伝えがあり、自然界の神と交信できるというユタなどが神をお供する。

近くで難破した船を女神の宿る白い鳥が救ったとの言い伝えもあり、祭事ではその鳥をかたどった神具も使う。

 祭りは潮が満ち始めた朝、立神を臨む浜辺の祭り岩で始まった。神主で、ユタの親神でもある阿世知照信さん(81)が神口を唱え、白装束の女性らがススキを手に祈って女神を招き寄せた。続いて神社近くの山頂で太陽の男神を降臨させ、男女2神を結び合わせて神社にお供した後、地域住民らが祈願した。
スポンサーサイト



<< いよいよ奄美大島宇検村のFM局が開局 | ホーム | 2週間後に迫る「ゆいまーるの集い in 平安座島」 >>


コメント

奄美大島の現状

神高い家系がかなりあります、神拝みをすることに家族が反対したり本人がやりたくないのでやらずにほっならかしにします。 延期するのも65歳ぐらいです、これ以上のばすと

奄美大島の現状

本人の体に異変がおきます不眠症になりわけのわからない言動などです。精神状態が不安定になりますけど病気や精神病ではありません、この状態が神を受け入れる儀式をするまで続くでしょう、

Re: 奄美大島の現状

コメントありがとうございました。
南琉球でも、奄美大島のユタと同じ状況になって、ノロやユタになる人のことを知っています。本当に琉球は霊的な島であると思います。

旧暦1.5.9月の16日は月並祭です。旧暦9/9は今井大権現祭です。親神様が取り仕切るので子神が集合します。月並祭の写真集(聖なる島 奄美)西田テル子 月並祭の体験記は(太陽 1991年9月号 平凡社)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP