FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いよいよ奄美大島宇検村のFM局が開局

10月30日の南海日日新聞に宇検村における地域FMについての報道がありましたので、お伝えします。2007年11月に、ゆいまーるの集いを宇検村平田で行い、国馬村長もご参加され、村の自治について力説されていたことを思い出します。

また、奄美市の麓さんがラジオによるシマおこしについて、集いで話されました。宇検村に自治の方法が広がり、着実に根付きつつあるのを感じます。

村民が年に少なくとも一度出演するという、住民参加型のラジオという、独自で、楽しそうなラジオになりそうですね。



 宇検村は防災行政無線(戸別受信)に代わるコミュニティーラジオ放送局の整備を進めているが、総務省は30日付で特定非営利活動法人(NPO法人)「エフエムうけん」(屋宮喜治理事長)のコミュニティー放送局の予備免許を付与することが29日までに分かった。

周波数は76・3MHz(メガヘルツ)。独自番組も制作する。早ければ12月上旬にも試験放送を開始、1月4日に本放送を始める予定。

 村総務企画課によると、コミュニティーFMは九州では28番目。奄美では2番目。全国の村では初めてという。

放送局整備は事業費約2000万円。同村湯湾の鹿児島地方法務局出張所跡1階部分に放送局を整備、須古に中継局を置く。

カバー率は94%(1018世帯)。難聴地域や家庭にはアンテナを設置し、放送開始までには村内全域で聞くことができるようにする。

 村側は放送局整備と併せて携帯用ラジオ(受信機)購入にも助成する。県の地域振興推進事業を活用。

助成は1世帯当たり1台。ラジオ単価(3千円)のうち、2千円を村が補助し、住民負担は3分の1。

エフエムうけんは昨年11月に発足した。ことし5月に県の認可を受けた。予備免許を受けた後、放送局の施設、機材を整備した後、本免許を取得し、開局する。FM局は24時間放送。MBCラジオ、あまみエフエムと提携し島唄や音楽、ニュースなどを放送するほか、村独自の番組も予定している。

 NPOのスタッフは開局を前に、MBC(南日本放送)=鹿児島市=で研修も実施し、番組作りに知恵を絞る。

独自番組は毎日朝と昼、夕方、日曜日の午前と午後を計画。平日はごみ出しや地域行事などを放送、日曜日は村民が登場したり、一週間の話題を提供する。

 放送開始を前に國馬和範村長は「FM放送は安全安心の村づくりの一環。村民が年に一度はラジオに出てもらえるような住民参加型の放送局にしたい」と話した。
スポンサーサイト



<< 過疎地域に生きる知恵を学ぶ 1 | ホーム | 奄美大島龍郷町の今井大権現祭 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』 宇検村

宇検村の天気 宇検村のニュース 宇検村の口コミ情報...


 BLOG TOP