FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

普天間基地撤去辺野古新基地建設反対大阪アクション

西浜さんより集会とデモのお知らせが届きました。

8日には、翁長那覇市長も参加の意向を示している「辺野古への新
基地建設と県内移設に反対する県民大会」が開催される予定です。

基地の県内移設について鳩山首相は「沖縄県民」の声を聞いて判断すると国会で述べていました。
反対という琉球の声を高く上げ続けることが重要な局面に入ってきました。

米国と対等な日本になり、基地依存経済から脱却し、綺麗な海や生物を守るためにも、グアム協定を見直し、辺野古新基地建設はやめるべきです。

以下チラシの内容です。



11月8日(日)午後2時
普天間基地撤去
辺野古新基地建設反対
大阪アクション

11月12~13日のオバマ大統領の来日を前に、沖縄では大規模な「辺野古への新
基地建設と県内移設に反対する県民大会」が11月8日(日)午後2 時より宜野湾市
海浜公園屋外劇場で開催されます。

この県民大会に参加するのも一つの方法ですが、私たちが暮らしている場所で声を
上げることが重要だと考え、辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動は「普天間
基地撤去 辺野古新基地建設反対 大阪アクション」を同日8日(日)同時刻午後2 時
より中之島公園女神像前で開き、集会とデモをおこなうことを決めました。

これから1~2カ月間が、沖縄に基地を100年先まで押し付けるのか否かを決する
最重要な局面だといっても過言ではありません。緊急なことではありますが、是非
とも11月8 日(日)午後2 時中之島公園女神像前にお集まりくださいますよう、
心からお願いします。

お知り合いの方にも広めてください。
スポンサーサイト



<< 経済対策は国の責任か | ホーム | 過疎地域に生きる知恵を学ぶ 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP