FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄戦、米軍占領史を学びなおす―屋嘉比収さんの新刊

昨日、沖縄大学で教鞭をとっている屋嘉比収さんから、『沖縄戦、米軍占領史を学びなおす』世織書房というご著書を頂戴しました。

心よりお礼申し上げます。

屋嘉比さんとは、私が大学院の学生のころから長い間、直接的、間接的にいろいろとお世話になり、影響を受けてきました。

久高島にも一緒に行き、『けーし風』の合評会でも話をさせていただき、シンポ、研究会、個人的なインタビュー等で、屋嘉比さんのお話を聞く機会がありました。

屋嘉比さんは沖縄国際大学で玉野井芳郎さんのゼミ生でした。

あとがきでも「私にとって、先生と出会うことがなければ、ものを考えることの楽しさや苦しみ、そして文章を書くという行為からは遠く離れた位置にあったように思う。・・・・君は沖縄問題についてどう思うか、と最初のゼミで先生から問いかけられうまく応えられなかった質問に、ようやく自分なりに少しだけ答えることができたのをうれしく思う。」と書かれています。


屋嘉比さんは温厚で、静かな語り口から、非常に重い内容のことを言われます。


本の副題は「記憶をいかに継承するか」であり、帯には「耳を傾けること 耳を傾ける続けること 耳を傾き継ぎ続けること 当事者性の身体化へ」と記されています。

沖縄戦の非体験者として屋嘉比さんも私も同じ世代に属していますが、その世代がどのように沖縄戦の記憶を継承するのか、継承する意味とは何か、継承する際の当事者性とはなにか、という、琉球人にとって根本的な問いを発しているように思います。

心してご著書を読ませていただき、語られた内容を自分の血とし肉としたいと思います。
スポンサーサイト



<< 沖縄の公共事業費、「49%は本土に」 | ホーム | 経済対策は国の責任か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP