FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『ミクロネシア-小さな島々の自立への挑戦』のご紹介

先月、早稲田大学出版部より出版された、拙書『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦―』をご紹介します。

帯の文と目次は次のようになります。

大国による支配を乗り越え、自治・独立を求めつづけたミクロネシア。基地・環境問題等を抱えながら、グローバル化時代を逞しく生き抜く人びと。従来の「観光」のイメージを払拭する、新しいミクロネシア像を描く。


はじめに

1章 「ミクロネシア」の誕生

   1 スペインとミクロネシア
   2 スペイン支配への対抗

   3 イギリスとミクロネシア
   4 ドイツとミクロネシア

   5 南進論の系譜
   6 アメリカの西進政策
   7 アメリカの植民地統治方式

2章 日本統治下のミクロネシア

   1 日本の領土になったミクロネシア
   2 「海の生命線」とされた南洋群島

   3 南洋群島の皇民化教育
   4 南洋群島の従属的開発

   5 昭和の南進表象
   6 南進政策と沖縄人
   7 日本の委任統治制度を問う

3章 鉄の暴風が吹き荒れた島々

   1 島の政治地理学
   2 島伝いの戦争

   3 マリアナ諸島の戦争
   4 沖縄戦との共通性

4章 戦後ミクロネシアとアメリカ・日本

   1 アメリカの軍事戦略と信託統治領
   2 アメリカ人類学とミクロネシア

   3 米軍統治下の沖縄とミクロネシア
   4 アメリカの「動物園政策」

   5 ミクロネシアにおける戦後補償問題
   6 今日も続く「大宮島(グァム)」の賠償問題

   7 燐鉱石の島々からの訴え
   8 終りがみえないミクロネシアの「戦争」

5章 独立後のミクロネシア

   1 信託統治領から独立・自立へ
   2 石油危機と島の開発計画

   3 平和を巡る二万人の島と二億人の国との対立
   4 アメリカの戦略的信託統治を問う

   5 太平洋のジブラルタルとしてのグァム
   6 基地と観光の島―グァムと沖縄―
   7 米属領からの脱却を求めるチャモロ人

6章 グローバリズムのなかのミクロネシア

   1 グローバル経済に左右される北マリアナ諸島
   2 燐鉱石の島々の現在―ナウル、キリバス―

   3 援助金への依存と自殺者の増加
   4 核実験後のマーシャル諸島

   5 日本のミクロネシア戦略
   6 ミクロネシアと中国・台湾

   7 パラオの近代化にともなう問題
   8 ミクロネシア型市民社会の可能性


本書では琉球とミクロネシアとの関係についても論じています。琉球とミクロネシアは大国との関係、米軍基地の形成、日本による政治経済的支配、開発援助、自立・内発的発展への
模索等、多くの点で共通性があります。

私は1997年から2000年までグアム、パラオにおいて生活した経験が本書の土台になっています。

ミクロネシアの島々はパラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島、ナウル、キリバス等のように独立を選択をした島々もありますが、独立後も課題は島の自治です。

住民が他者からの支配を跳ねのけ、自らの頭で考え、互いに協力しながら内発的発展を展開することは、独立島嶼においても重要な課題です。

グアム、北マリアナ諸島のように米国の一部となっている島々でも、自治は住民の変わらぬ希望です。

琉球とミクロネシアは黒潮を通じて結ばれてきました。歴史的、文化的、生態的にも似ており、島嶼性という特徴も共通しています。

国境を越えて島々を互いに理解し、島の自治のために協力しあう関係が求められているように思います。この本がそのための一助になれば幸いです。

スポンサーサイト



<< 中見君による白保サンゴの紹介 | ホーム | 久高島のゆいまーる会議② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP