FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集いin 平安座島 2

IMG_3883-1.jpg
原油の精製部門は廃止され、多くの従業員もリストラされました。当初は、石油化学コンビナートを建設することで、琉球の経済を大きく飛躍させるという開発計画を経済学者等が示しましたが、夢ものがたちに終わりました。

IMG_3890-1.jpg
川満信一さんと、17日にお会いした時に、タンクの上に太陽光発電パネルをおいて、代替エネルギー開発の象徴的拠点にしたらどうかと、提案していました。

IMG_3910-1.jpg
平安座島と勝連半島を結ぶ海中道路が見えます。最初、島の方々が手作業で海中道路を造っていましたが、台風などで困難を極めていた時に、アメリカの石油資本であるガルフが石油備蓄建設と交換条件で海中道路の建設を行いました。現在は、道路も拡張され、海中道路の真ん中には海の駅もあります。

IMG_3936-1.jpg
私は大学院生時代、何回か、現代琉球の開発の原点ともいうべきCTSを歩いたことがあります。タンク、精製工場をみて、開発とは何かを考えながら、歩きました。そのころはまだ現在のように「立派な」道路ではなく、干潮になった海に降りて歩きました。

IMG_3978-1.jpg
勝連半島です。琉球の英雄、アマワリの居城である勝連グスクがあります。高良勉さんのご説明でグスクを歩きました。重要なウタキがいくつかあり、グスクが琉球人の信仰の拠点であったことがわかります。沖縄島の南北を見渡せる地理的な有利性も、実際に自分の目で確認することができました。


スポンサーサイト



<< 400年目の鹿児島県、沖縄県の交流拡大宣言の問題性 | ホーム | ゆいまーるの集いin 平安座島 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP