FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集いin 平安座島 3

今日は学会参加のために大分に来ています。小倉から大分に移動しましたが、北九州という看板をよくみました。
前利さんから送っていただいた、ゆいまーる会議の写真です。前後しますが、ご諒解お願いします。

IMG_5221-1.jpg
私たちが泊まったホテルです。港の近くにあり、ホテルからチェックアウトする時にはホテルの方からお土産を頂戴しました。


IMG_5223-1.jpg
ホテルの前の港です。漁船が停泊していました。平安座島は昔からウミンチュの島でした。

IMG_5224-1.jpg
雲が神々しく見えます。


IMG_5225-1.jpg
ホテルの背後に森がありますが、その後ろに石油基地があります。空から見ると集落と、石油タンクが非常に対照的でした。参加者はホテルでは集いの後も、部屋で話し合いが続き交友を深めていました。

IMG_5226-1.jpg
この石碑をみると、かつて平安座島、宮城島、勝連半島を中心にして、石油備蓄基地(CTS)に反対する金武湾闘争が展開されたことを思い起こします。開発側は、この施設によって、金武湾地区のみならず、琉球全体が大きく発展すると主張していました。

IMG_5227-1.jpg
ホテルのショーケースに展示されていた貝です。島のウタキにも貝が置かれており、海勢頭さんもゴホウラ貝の琉球・日本間の移動から古代史を解読しているように、島の方が貝に寄せる思いの深さを思いました。

IMG_5228-1.jpg
多様な貝があり、その美しさは見ていてもあきません。琉球ではスイジガイが魔除けに使われ、夜光貝が装飾品として加工され、宝貝が貨幣として中国にもたらされるなど、島の生活にとってなくてはならないものでした。




スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集いin 平安座島 4 | ホーム | 400年目の鹿児島県、沖縄県の交流拡大宣言の問題性 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP