FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集いin 平安座島 4

昨日、夜遅く大分から戻りました。別府湾を見渡せる雄大な場所に立命館アジア太平洋大学があり、そこで開催された国際開発学会に出席してきました。特に、内発的発展に関する議論の盛り上がりに大変関心を持ちました。

私も今後、内発的発展論の中味の構築にさらに意欲を持ちました。お久しぶりに西川潤先生、勝俣誠先生にお会いし、色々とお話ができ嬉しかったです。またパラオ研究をされている廣瀬さんともお話ができてパラオのことなどを聞くことができ感謝しています。

開発学会は2007年の沖縄大会以来の参加となりますが、今回も西川先生が情熱的に、内発的発展について主張し、各参加者と議論していたことが大変、印象に残っています。学問に対する厳しさを改めに実感しました。

本学会の中で私が代表をつとめる「島嶼社会の振興開発と内発的発展」という研究部会の設立が認められましたので、今後、活発に琉球、太平洋諸島を中心とする島々の内発的発展と開発の研究をもりあげて行きたいです。

IMG_5755.jpg
12日の那覇での交流会の模様です。
右から前利さん、石坂さん、海勢頭さんです。今回の集いは海勢頭さんの大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。

IMG_5756.jpg
左に新元さんが写っています。今回も船で奄美大島から来られました。琉球の海は大変荒れていたので、船の上で焼酎を飲んできていましてので、このときにはすでに「出来上がって」いました。いつもの新元さんのように大変、陽気で楽しかったです。

IMG_5757.jpg
左の方は神戸から参加された坪谷さんです。海勢頭さんと一緒に絵本を作る予定の方です。今回の集いではじめお会いしましたが、琉球に何度も足を運び、灰谷健次郎さんとも仕事をこれまでされてきた方です。穏やかな心やさしい方でした。

IMG_5758.jpg
左から、川満さん、高良さん、真喜志さん、新元さん、藤原洋亮さん、坪谷さんです。琉球を代表する発言者、思想家の方々がこの夜は集まって、琉球の自治について議論いたしました。琉球の諸先輩方々からどんどん、良いものを吸収していきたいと思っています。

IMG_5759.jpg
左から藤原社長、平さんです。社長はいつものように大変パワフルで、今回の集いも活気あるものになりました。平さんは宮古島出身であり、現在、イリノイ大学の名誉教授です。長く、琉球の独立を主張してこられたからです。私も沖縄タイムス紙上において昨年、書簡交換という形で議論をさせてもらいましたが、今回、高良さん、川満さんのご考慮により、平さんと初めてお会いすることができました。冷静な、落ち着いた語り口でしたが、重みのある言葉が今でも耳に残っています。

スポンサーサイト



<< 400年目の鹿児島県、沖縄県の交流拡大宣言の問題性 2 | ホーム | ゆいまーるの集いin 平安座島 3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP