FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

400年目の鹿児島県、沖縄県の交流拡大宣言の問題性 3

前利さんの解説と一部私のコメントを記載しました。

008.jpg
会場入口に向かう抗議団。

009.jpg

かついできたさとうきびに、奄美パーク側が
「それは何だ」と聞くと、抗議団は「持ち物です」と回答。
奄美パーク側は、絶句して、それ以上、何も言えず。

 「さとうきびです」と答えれば、「何に使うつもりだ」と
言葉が出るはずだが、「持ち物です」と答えられれば、
それ以上何も言えない。

チラシの配布、横断幕の掲示
は禁止と看板にはあっても、「持ち物」としてのさとうき
びは禁じてないわけだから。笑った。


「奄美をバカにするな」という看板が見えます。奄美諸島の人々という当事者を無視した形で、両知事が歴史的問題に決着をつけようとしています。公権力によって歴史が解釈され、決断を下すことにする島住民たちの抗議の意思表示です(松島)。
012.jpg
マスコミが抗議団に殺到。

013.jpg
014.jpg
横断幕を撤去するように圧力をかける
奄美パーク側。

015.jpg

016.jpg
あまみ庵の森本さんの姿が見えます。奄美諸島の歴史と文化が顕現化した方です。今年5月に沖永良部島で森本さんと深夜まで島を押さえつけるものに対する激しい怒りと奄美諸島に対する深い思いを感じました。(松島)
017.jpg
マスコミ団の後ろ方、会議関係者が遠巻きに見ています。官制会議の雰囲気が漂っています。(松島)


スポンサーサイト



<< 400年目の鹿児島県、沖縄県の交流拡大宣言の問題性 4 | ホーム | 400年目の鹿児島県、沖縄県の交流拡大宣言の問題性 2 >>


コメント

それなら日本復帰なんてしなければ良かったのに・・・。「日本復帰=日本との一体化=日本の一部になること」ですよ。

日本復帰すれば、琉球・沖縄の歴史(奄美も含め)は地方史になり、埋没することくらい復帰前に想像できたことですし、日本との一体化から背くことは“反日・売国奴”って罵られるのも最初からわかってたはずです。
当時のウチナーンチュは復帰シミレーションもしなかったのか?って不思議に思います。

いとも簡単に国の歴史に自ら幕を下ろしたなーって私個人的には思います。復帰前のウチナーンチュは、民族の誇りとか、誉れとか、国家の尊厳とか持ちえてなかったんでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP