FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

400年目の鹿児島県、沖縄県の交流拡大宣言の問題性 6

昨日、早稲田大学で行われました平和学の講義で話をしてきました。大勢の学生さんが、たくさんの質問や意見をいただき、大変うれしかったです。高良勉さんを大伯父とする小松さんも、社会科学学術研究院において反復帰論の研究をしており、少し話ができてよかったです。

前利さんがとれらたお写真とコメント、そして私のコメントをお伝えします。

037.jpg
知事、行政によって交流が深まるのではなく、一人ひとりの琉球人が顔をみながら、互いを人として認識しあうことから、交流がおこなわれると思います。(松島)

041.jpg
マスコミに囲まれる伊藤鹿児島県知事と仲井真沖縄県知事。

043.jpg

奄美テレビのインタビューに答える、仙田隆宣「交流拡大宣言」の中止を要求する奄美の会代表。

薩摩侵略という歴史を真剣に考えている当事者である奄美の方々が会場の中で知事とともに、自由に議論ができない中で、知事同士の調印が上から行われたわけです。両県当局は、交流宣言を拙速に行ったのではないでしょうか。(松島)

044.jpg

交流事業の式次第。裏面に
地図が印刷されているが、これも問題が多いというか、
無神経。また、「交流事業」というのがまやかしである
ことがわかる。

046.jpg
奄美諸島をみると、なんと喜界島が欠落している。
請島、与路島のこともあるが。主要五島の一つである
喜界島を欠落させて、「交流事業」と言えるのか。
「済州島」は記載されているではないか。
 また、トカラ列島の名称も欠落している。「尖閣諸島」
は記載されているにもかかわらず。

047.jpg
平田奄美市長の問題発言、式次第の裏面に印刷され
た地図から、この「交流事業」というものの思想性、まや
かしは、明らかだと思う。

司会の宮崎緑や、平田奄美市長の発言の中では、一貫して
「琉球出兵」でしたね。沖縄側はもちろん、奄美側で
も、このような表現は使われておらず、南日本新聞
など、鹿児島側が使っている表現です。
 こんなところにも、歴史認識をあいまいにしようと
いう姿勢があらわれています。

040.jpg
 宣言文では「薩摩による琉球出兵・侵攻400年」
という言葉が使われています。宣言文には、両知事
が署名をすることになっているので、沖縄側に配慮
して、「侵攻」という言葉を入れたのかもしれません。
 しかし、会場での発言は、すべて「出兵」でした。

 そして、「過去の出来事や成果」とありますが、
その「成果」とは何か。「反省」という言葉はありませ
んね。
045.jpg
平田市長の発言の一部を起こしてみました。「仲井真鹿児島県
知事」という発言は気づいたと思いますが、歴史に関する部分は以下の
とおり。

  大和朝廷への朝貢時代、琉球王府時代、王朝時代、薩摩藩統治時代、

 行政分離、米軍政府統治時代、日本復帰など、国家領域がたびたび変遷

 をした、他に例をみない複雑な歴史を持つ奄美は、南北の文化が混在する

 独特な生活文化を築いてきております。また大陸との交流が盛んになっ

 た遣唐使の時代には、海上の、道之島と呼ばれ、海上交易の要衝として

 重要な役割を果たしてまいりました。
 以上、平田発言。

 「道之島」という言葉は、薩摩がつけた呼称であることは、基礎的な歴史的

事実のはずですが。

 そして、明治から昭和まで半世紀も続いた「独立(分離)財政時代」につい

てはふれていませんね。意図的に、避けたのでしょう。
スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集いin 平安座島 5 | ホーム | 400年目の鹿児島県、沖縄県の交流拡大宣言の問題性 5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP