FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集いin 平安座島 7

IMG_5784.jpg
佐喜真美術館の受付です。隣には佐喜真道夫さんが施術をされている鍼灸院があります。佐喜真さんは普天間基地の地主ですが、自らの地代収入をもって美術品の収集を行いました。平和、戦争をテーマにした美術品を展示したり、集いを開いたりなど、美術館を文化、思想の発信地として活用されています。

IMG_5785.jpg
「沖縄戦の図」を目の前にして、佐喜真さんの説明を伺いました。戦争になれば、こんなにむごいことになるのだという、リアルな戦争の図を見ました。美化されるべきものは一つもありません。岡部伊都子さんも、美術館において自らと平和、戦争について語られたそうです。

IMG_5788.jpg
屋上から普天間基地を見ました。我々が基地を見ているとき、米軍ヘリが飛行していました。米軍は広大な土地を琉球人から奪って、今でも人々の反対を押し切って利用しています。

IMG_5788.jpg
この美術館は、先日、ご紹介した真喜志さんが設計されたものです。6月23日の慰霊の日に、太陽が一直線にこの階段にそって沈むように設計されているそうです。琉球の風土、平和思想を考えた建物であると思います。

IMG_5789.jpg
右から佐喜真さん、藤原社長です。

IMG_5790.jpg
宜野湾市を真っ二つに引き裂く普天間基地。消防車も火事の現場に迂回していかなければなりません。ヘリコプターが沖縄国際大学に墜落したこともあります。この基地を撤廃することは日米合意で決まりましたが、現在、県外移設をするかどうかについて鳩山政権の方針が固まりません。辺野古に新基地をつくらねばならないというのは、米国の一方的に意見にしかすぎず、無条件で普天間を返還させるべきであると考えます。日本の他の県やグアムに移設するのではなく、また辺野古にもつくらせないという日本政府の方針を堂々と主張すべきです。

IMG_5793.jpg
左から佐喜真さん、前利さん、洋亮さんです。

IMG_5795.jpg
美術館と基地を隔てる金網です。琉球には権力や資本によってこのような金網が張り巡らされてきました。その結果、共同体、人と人との関係、人と自然との関係、人と神との関係が分断されてきました。金網を切り裂いて、様々な関係性の復活を自治の力で実現しなければならないと、金網をみて思いました。

スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集いin 平安座島 8 | ホーム | ゆいまーるの集いin 平安座島 6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP