FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

辺野古建設を許さないデモ、その他 2

昨日に引き続き、西浜さんの写真です。
写真8 座り込み2,039日目の辺野古(2009年11月17日)
辺野古の座り込のテントです。地域の住民だけではなく、日本本土からの支援者がきて座りこみ、基地建設を監視し、抵抗しています。



写真10 山内徳信さんの弟さんもテントへ。
山内徳信さんの弟さんがテント内におられます。私もかつて、西川潤先生、真喜屋美樹さんとテントを訪問し、説明を伺ったことがあります。SACO合意からよくぞ今日まで、島を守ってきたと人民の勝利を感じました。鉄条網で辺野古の浜が仕切られていました。琉球では、海の上にはじめて基地をつくろうとしています。ニライカナイの神様の天罰が下るのではないでしょうか。

写真27 概況を刻む
1959年に宮森小学校に米軍のジェット戦闘機が墜落し、児童を含む17人が死亡、220人が怪我をし、校舎、住宅、公民館等が破壊されました。近年では沖縄国際大学へのヘリ墜落のように、琉球ではいつでもこのようなことが発生しうるのです。このような恐怖を除去しないかぎり、琉球には平和が実現しません。オバマ大統領が語る平和がいかに、国や権力者から語る平和かがわかります。

写真28 宮森小学校のフクギ
宮森小学校の福木です。西浜さんは、ゆいまーるの集いで「今年は薩摩の琉球侵略400年、琉球処分130年、宮森小学校へのジェット機墜落から50年」とおっしゃっていました。このように歴史を我がことのように感じることは大変、大切です。401年、131年、51年以降も、琉球の歴史を当事者の立場から問い続けたいと思います。




スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集いin 平安座島 15 | ホーム | 辺野古建設を許さないデモ、その他 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP