FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集いin 平安座島 23

IMG_5969.jpg
午後3時ごろからは席配置を少し変えました。参加者が多くなったからです。熱気がむんむんとしてきました。

IMG_5970.jpg
新元さんが発言しています。平安座島と奄美大島との人を通じた関係を紹介してくれました。具体的な人を通じて、島と島とが結ばれていたことが分かりました。琉球に対する差別を吹き飛ばすほどの、野生の自治の必要性について強く語ってくれました。新元さんからはいつも勇気をいただきます。

IMG_5971.jpg
沖縄県議会議員の新里さんです。反基地運動の先頭にたって活動をしています。今回は、バレーボールを通じて平安座島の人がいかに自信をもつようになったのかを語ってくれました。バレーボールという日常のスポーツが、島の人の生活の中で重要な役割を果たしていたのかがわかりました。会場からも長年、バレーボール活動をされてきた長老のかたも、「スポーツは生活である」との意見をいただきました。日常の生活史の中から自治を考えなければならにことを改めて気付かされました。

IMG_5973.jpg
島の方々からも、自らの体験を踏まえた意見が出されました。戦前、戦後の物資が限られていた時代において、バレーボールをすることは容易ではなかったのですが、島人皆で、また国内外に住む島人がともに協力しあい、資金を出し合い、バレーボール活動を育ててきたのです。そのほか、祭、行事、漁業等においても自治はみられると思います。島人自身が自治の担い手であり、島を動かしているのです。

IMG_5974.jpg
琉球を代表する詩人、思想家、ジャーナリストの川満さんです。突然の報告であったにもかかわらず、CTS闘争に関する取材に基づくご報告をされました。この取材がジャーナリストとしての基盤をつくったと仰っていました。私は集いの前夜祭の12日として、16日にも川満さんにお会いして話を聞く機会がありました。川満信一という人物の奥深さを改めて感じました。琉球をジャーナリストとして非常に冷静にとらえるだけでなく、詩人として感覚、全身をもって琉球をつかんでいる人の一人であると思います。

スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集いin 平安座島 24 | ホーム | ゆいまーるの集いin 平安座島 22 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP