FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集いin 平安座島 24

IMG_5975.jpg
久高島の内間さんが島にとって海が非常に重要であることを海人として、切々と訴えておられました。

IMG_5976.jpg
平安座島在住の玉栄さんです。二日目の交流会が開催された自治会館の2回ホールにおいて、大きな画面で玉栄さんがCTSに頼らない地域経済の試みについて、ご自身のアイデアをご紹介してくれました。島に対する熱い思いがあふれたお話でした。


IMG_5977.jpg
平安座島と勝連半島が海中道路でつながっています。玉栄さんご自身もCTSで働いておりましたが、現在は、島おこし活動に全力を注いでいます。

IMG_5980.jpg
平安座島の魅力を多くの人に知ってもらうためのアイデアでした。ゆっくりと時間をかけて、島の文化や歴史について島方からお話を伺う機会を今回私は得ることができました。玉栄さんの妹さんが3日目の早朝、お忙しい中、村の中を案内してくださいました。心より感謝申し上げます。

IMG_5981.jpg
ふるさとの宝をいかにして守っていくのか、琉球人を主体にした観光をどのように築きあげるのかという、課題は平安座島だけでなく、琉球全体の島々に共通した課題であると思います。


IMG_5983.jpg
ウフバンタとよばれる平安座島の丘にある、旧道路です。私も行ってみましたが、現在は雑草におおわれており使われていないようでした。それを玉栄さんは復活させようと活動されています。

IMG_5984.jpg
島の記憶を掘り起こして、風景や生活を取り戻していくことは大変重要です。

私は、本当に頼ることができるのは機械文明ではなく、島の文化や歴史であることを平安座島で実感しました。
スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集いin 平安座島 25 | ホーム | ゆいまーるの集いin 平安座島 23 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP