FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

立命館大学での講演のお知らせ(1月15日)

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

『米軍基地とグアム』と題する講演を立命館大学で行います。昨年、同大学国際関係学部の秋林先生と、学生さんたちが私の研究室にお越しくださいまして、グアムの話をさせていただきました。

それが縁となり、学生さんたちが主体となって、立命館大学で私の講演を企画、準備してくださいました。心よりお礼申し上げます。充実した議論ができるような講演にしたいと考えています。以下に学生さんたちが作成したチラシの一部をご紹介します。



松島泰勝先生(龍谷大学)特別講演会
☆日時:2010年1月15日(金)
16:20~17:50(5限)

☆場所:洋洋館955教室(2階)
☆申し込み不要・参加無料・途中入場可
現在、米軍再編が注目されています。そこで、沖縄の米海兵隊移転先候補となっているグアムを取り上げ、米軍基地に関わる現状について専門家による講演会をします☆

【講演内容】
◎なぜ米軍基地がグアムにあるの?
◎グアムの人にとって米軍基地はどのような存在なの?

◎米軍基地再編問題に見る沖縄とグアムの関係って?
これからグアムに行かれる方☆国際関係に興味のある方☆米軍再編問題について理解を深めたい方☆ぜひ、聞きに来てください♪♪

松島泰勝先生
[講師紹介]
経歴:在ハガッニャ(グアム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館専門調査員、東海大学海洋学部海洋文明学科准教授を経て、現在、特定非営利活動法人ゆいまーる琉球の自治の代表、龍谷大学経済学部国際経済学科教授

研究テーマ:琉球、太平洋諸島における経済問題、内発的発展に関する研究

主催:国際関係学部学生有志 代表:齋藤夢子
後援:国際関係学会学生委員会、WILPF Rits
講演会についての問い合わせ:代表 齋藤 ir012061@ed.ritsumei.ac.jp
スポンサーサイト



<< 自治と自立を求める様々な声ー国なき民族の現在 1 | ホーム | ゆいまーるの集いin 平安座島 31 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP