FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

靖国神社合祀反対者の声

09年12月1日の琉球朝日放送で靖国神社合祀反対者の声が報じられていましたので、お伝えします。平安座島のゆいまーるの集いに参加されていた金城さんも出ておられます。無理やり、一つの宗教法人の「神」にされるのは、おかしいことだと思います。金城さんが、実家を我々に案内してくださいましたが、その家、集落が、金城さんの話とともに思い出されます。




家族の名前を、何が何でも霊璽簿から外してほしいと主張する5人の原告が、一体何を証言したのか。今日の裁判で一人35分に凝縮した思いを3人の方に、事前に伺いました。

Q靖国に祭られているのは? 安谷屋さん「私の父と母と姉と弟の4人です」Q6歳だとあまり記憶がないですね。安谷屋さん「いえ、どういうわけか、学校の学問は覚えきれませんけど、戦争のことは隅々まで覚えているつもりです」

当時6歳だった安谷屋さんは、親族15人で南部をさまよううち大人たちがやられ、子どもだけ5人で逃げ延びた経験があります。あまりに悲惨な記憶を封印したかったのか、全く忘れたつもりでしたが、裁判で過去に向き合う決心をしたころから記憶が鮮明によみがえったそうです。中でも一番の衝撃は、母の死でした。

安谷屋さん「だんだんもう、帰ってこないという悲しみがこみ上げてきて残った兄弟が一人泣きだし、一人泣きだし合唱のようになってしまいました」

「何日か経ってそこに一人の顎をなくなった兵隊が現れたんです。人間は負傷すると水をほしがるらしいんです。水を汲むための飯盒を持っていましたけれども飯盒を持って私たちの前を行ったり来たりしていましたけれども、来た道を戻っていなくなりました。」

「あれが皇軍です。勇ましく出てきた人がこういう結果になるんです。そういうことを、」「もう、家族が見たら気が狂っちゃうんじゃないですか」


その後、孤児院に入った安谷屋さんは、毎日トラックで運ばれてくる敗残兵をみました。子供たちは道端に並んで万歳をしたそうです。

安谷屋さん「その僕たちの騒ぎにこたえて、その次から次から来るトラックも、前からの騒ぎを見て万歳万歳いったんですね」

そんな悲しい光景と、戦争を美化する靖国の思想は矛盾しており、犠牲になった家族までもが「英霊」として祀られることは耐えがたいと主張しました。

Qゴールは名簿から家族の名前が消えることですか? 安谷屋さん「そうです。そうすることによって崩れます。崩れていきます。靖国は骨抜きになっていきます」

靖国神社は、明治天皇の意思で国家機関として創建されましたが、戦後、一宗教法人になってからも、旧厚生省の名簿をもとに遺族の承諾なしに戦没者を英霊として祀り続けています。その結果、沖縄戦で犠牲になった6万人近くの非戦闘員も戦争に協力したとして祭られていますが、この事実はあまり知られていません。


慰霊の日は毎年、魂魄の塔を訪れる崎原盛秀さん。戦場で亡くなった母の存在をここに感じています。

崎原さん「沖縄の人たちがね、一番初めにね、散乱する遺骨を集めて祀ったのがここですからね、やはり沖縄の人たちの精神、心の支えという風になってますからね」

「靖国っていうのは亡くなった人たちを追悼する場なんだと思ってる。追悼じゃないんです。顕彰する場なんです。国体や天皇のために自ら進んで死んでいった、その心意気をたたえているんです。これはもいう、まったく逆なんです。」

崎原さんの母親が靖国に祭られていると知ったのは数年前。確認の書類を見て愕然としました。

崎原さん「崎原ウトの命、ミコトとあるんですね。何が命なんだと思いましたけどね。そして下のほうには「陸軍軍属」カッコ書きで無給と書かれています。」「しかも所属部隊は、第32軍と書かれているんです」

軍の作業を手伝ったこともない母が、32軍の軍属としてともに戦った形にされている。これが、単なる補償金と違う「援護法」のからくりなのです。


崎原さん「とにかく神様にはされたくない。靖国の神様にはされたくないその思いです。少なくとも私の家族は取り下げてくださいというのが最初の思いです。

浜比嘉島から19歳で陸軍の志願兵になった金城盛松さんは、22歳の若さで戦死しました。聡明だった盛松さんは、たった一人の息子に「日本人として立派な教育を受けさせてほしい」と戦場からはがきを送っていました。一人息子の実さんは、顔もしらない父の言葉、立派な日本人になることについて、ずっと考えてきました。


金城実さん「立派なニホンジンとして認めてほしい。認められたい。そのためには天皇中心で、愛国心に燃えてニホンジンの誰よりも日本人であることを証明するために、オヤジは命をささげていくという、オヤジの時代が持っていた理想というのは、裏切られたと」

金城実さん「大きなだまし役をした大きな柱の一つに靖国神社がある。だから靖国神社に対して、靖国とは何なのかオヤジにとって何だったのか。だまされたままあの世に行ってしまった親父。それに代わって息子は当然:当然整理しなければならないと思っているわけで、その整理の仕方が靖国裁判ということなんですよ。」

立派な父だったと、聴いて育った実少年は、ある時おなじ浜比嘉の人に父親が揶揄されていることを知ります。「島の人を戦争に駆り立てるよう、指導していたのはお前のおやじだった」と。

金城実さん「彼らにとってオヤジは加害者だった。オヤジにだまされたと。オヤジはまた、靖国にだまされ愛国心や立派な日本人として、差別から解放されるんだという仕組みが破たんしてしまったということに気がつくんですね」

このほか、母と兄を靖国の名簿から外してほしい申し出て、過去に2回断られている川端さん。ひめゆり学徒として動員された姉は被害者であるはずなのにほめたたえられていることは耐えがたいと主張する中里さん。5人の原告の見た「沖縄戦の実相」は、靖国の思想に切り込むことができるのか。判決は来年2月以降とみられています。
スポンサーサイト



<< 普天間基地返還合意から14年、動かない基地 | ホーム | 日米地位協定の問題性ー読谷村の米軍人ひき逃げ事件 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP