FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国際開発学会沖縄大会のお知らせ

11月23日から25日まで沖縄大学において、国際開発学会が開催されます。本年は1972年に南琉球(沖縄諸島、宮古八重山諸島)が日本に「復帰」して35年目となります。

35年間における振興開発を問い、開発路線ではない、もう一つの生き方を考える場になると思います。お時間がおありの方はご参加ください。

 また、「ゆいまーる琉球の自治」関係者が発表する24日、25日の各セッションをご紹介します。


2007年11月23日(金)午後2時~5時
会場:沖縄大学3号館101教室
第18回開発学会全国大会(沖縄大学大会)プレイベント
(無料公開)

【第1部】14時~15時
 岸田大臣の特別講演『これからの沖縄政策』
 東審議官の基調講演「沖縄政策の現状と課題」

【第2部】15時~17時
 シンポジウム「沖縄振興開発の回顧と展望」
 
  
講演者:清成忠男((財)沖縄協会会長。前法政大学総長)
    富川盛武(沖縄国際大学教授)、松島泰勝(東海大学准教授)
司 会:吉川博也(沖縄大学教授)

11月24日8:30~10:20
セッション2:企画―開発の反面教師としての沖縄   C会場=3-305教室 司会 松島泰勝

1 沖縄の開発行政の落とし穴をふさごう-1割に低下した沖縄人の思考能力、その回復への道   真喜志好一
2 沖縄に見る開発による環境破壊  桜井国俊
3 豊かな沖縄に開発はいらない―地方自治を実体化する逆格差論 安里英子

4 石垣島における開発と環境-生物多様性の保全と持続的な地域づくり- 上村真仁
5 本土型追従モデルからの脱却-アクション・リサーチの展開- 吉川博也

11月25日 8:30~10:20
セッション15:企画―沖縄―内発的発展の展望         C会場=3-305教室 司会西川潤

1 沖縄の豊かさをどう計るか?  西川潤
2 沖縄における財政問題の諸相と内発的発展の可能性  只友景士
3 地域社会の持つ豊かさー共同売店を中心とした島嶼のサブシステンスに見る松島泰勝

4 西表における環境保全と地域社会発展 石垣金星
5 基地の跡地利用における3つの道―企業主導型、自治体主導型、そして住民主導型 真喜屋美樹


詳しい内容は、縄大学地域貢献室のホームページをご覧ください。
http://www.okinawa-u.ac.jp/chiikiEtcpages.php?eid=00002
スポンサーサイト



<< 「琉球の自治」を考える | ホーム | 『人類館―封印された扉』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP