FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アイヌの美

昨日、京都の三条にある京都文化会館で開催されている「アイヌの美」展示会を見に行きました。大東文化大学の苑原先生が展示会を教えてくださいました。

アイヌの生活用品や絵が展示されるとともに、アイヌ語教育等の現在のアイヌの生活をビデオで紹介していました。自然の恵みを活用して、衣服、装身具をつくり、カムイとともに生活をしていたアイヌの生活の豊かさ、美しさを知り、感じることができました。

感性が豊かで、たくましく、神を畏敬する民族であると改めて思いました。

学生のころ、レラチセというアイヌ料理店でアイヌ料理を食べたり、アイヌの言葉や踊りを学んだり、集会に参加しました。琉球人としてアイヌから多くのことをこれからも学び、ともに協力して自決権を回復していけたらと思います。




世界無形文化遺産登録記念 平成21年度アイヌ工芸品展
 ロシア民族学博物館・オムスク造形美術館所蔵

【世界が注目】江戸時代の終わり頃から、アイヌ文化はロシアやヨーロッパ各国の注目を集め、明治時代になると、多くの研究者や収集者が北海道を訪れ、アイヌの人たちから民具や工芸品を求めました。現在、それらは、ロシアをはじめとする欧米の博物館や美術館に収蔵されています。

【美に触れる】本展は、アイヌの人たちが創造した「美」に焦点をあて、ロシア連邦サンクト・ペテルブルク市にあるロシア民族学博物館が所蔵するアイヌ民族資料約2600点のなかから215点を借用して公開するものです。これらの資料は、1912年から13年にかけて、北海道平取やサハリンで収集されたもので、収集年、収集地が判明している貴重な資料です。

【日本で初公開】また、ロシア連邦オムスク市にあるオムスク造形美術館が所蔵するアイヌ絵12点を公開します。本資料は、江戸時代の終わり頃から明治のはじめにかけて活躍した絵師・平沢屏山の作品で、近年、その所在が明らかになったものです。同時代に、蝦夷地(北海道)の箱館、日高、十勝に住み、アイヌの生活を描いた屏山の12点を、日本ではじめて公開します。




会期 [4階特別展示室]
2009年11月23日(月・祝)-2010年1月11日(月・祝)
月曜日休館(祝日は開館、翌日休館)
年末年始の休館(12月28日-1月4日)

開室時間
10時-18時 *毎週金曜日は19時30分まで夜間開室しています。
(入場はそれぞれ閉室の30分前まで)

主催
京都府、京都文化博物館、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構、京都新聞社

後援
国土交通省、文化庁、北海道、北海道教育委員会、社団法人北海道アイヌ協会、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都商工会議所、京都府観光連盟、京都市観光協会、歴史街道推進協議会、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都

出展協力
ロシア民族学博物館、オムスク造形美術館

入場料 ※常設展もご覧いただけます
   当日 前売り・団体(20名以上)
一般 1000円 800円
大高生 700円 500円
中小生 400円 300円
*主な前売券の発売所 : チケットぴあ(688-870)、ローソンチケット(53055)、セブンイレブンほか京阪神主要プレイガイドで販売


展示構成プロローグ 神々とアイヌの関わり
I まかなう カムイの恵み
II まとう  カムイの装い
III いのる  カムイと語る
特別陳列 「平沢屏山~描かれたアイヌの世界」

関連行事
 ぶんぱく子ども教室事業
 「ムックリ(楽器)を作ってみんなで鳴らしてみよう!」日時
1月9日(土)1回目:午前10時30分-正午 2回目:午後2時-午後3時30分
会場
別館ホール
申し込み
各回親子20組(小中学生対象)、12月25日消印有効、応募多数抽選。往復はがきに希望回、住所、参加者氏名、年齢、電話番号を明記。当館「ムックリづくり」係まで。返信用に住所・氏名をお忘れなく。

関連行事
 アイヌ文化フェステバル日時
11月23日(月・祝)午後1時-午後4時(開場は正午)
会場
別館ホール 入場無料 自由参加(随時、入場ください)

催事
1.講演(午後1時10分-)講師/佐々木利和(国立民族学博物館教授)
2.口承文芸(午後2時10分-)講師/木幡サチ子(平取町二風谷アイヌ語教室講師)
3.トンコリ演奏(午後2時40分-)星野工(東京アイヌ協会会長)・居壁太(東京アイヌ協会会員)
4.アイヌ古式舞踊(午後3時10分-) 鵡川アイヌ文化伝承保存会
その他別館ホール内で「アイヌ文化紹介パネル展示」、「アイヌ工芸品展示」、「伝統工芸の実演」を行います。

関連行事
 記念写真展「gen 掛川源一郎が見た戦後北海道」日時
11月25日(水)-12月2日(水) 午前10時-午後6時(入場は午後5時30分まで)
会場
5階展示室 入場無料
協力
北海道文学館、掛川源一郎写真委員会、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構

ギャラリートーク(当館学芸員による)日時
12月4日(金)・12月18日(金)・1月8日(金)の各日午後6時から約30分
場所
展示室内にて
※事前申し込み不要、当日の入場者に限ります。
スポンサーサイト



<< 仲井真知事の公約は実現されたか? | ホーム | 普天間基地返還合意から14年、動かない基地 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP