FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2009年の総括 事件事故

12月22日の琉球朝日放送で2009年の総括、事件事故が報じられていましたので、お伝えします。
琉球の島にはまだ、戦争の爆弾が埋まっており、糸満と同じような事故が再び起こる恐れがあります。沖縄戦の当事者である国は、このような不発弾問題に対する抜本策を実施する責任があります。今年に入って、読谷村のひき逃げ米軍が県警に逮捕されました。日米地位協定が捜査を妨げ、その分、犠牲になった琉球人の人権がないがしろにされたといえます。



この1年を振り返る「激動2009」。きょうは、この1年、社会に衝撃を与えた数々の事件・事故を振り返ります。現場近くにいた人「爆発のような、ドンという感じで、地震かなと思って」64年前の爆弾が、土の中でまだ生きていることを見せ付けた、糸満市の不発弾爆発事故。重機に乗っていた男性は、奇跡的に一命を取り留めました。


糸満市長「当然、戦後処理の一環という立場からすれば、国のほうで処理すべきと考えております」

事故による不安の高まりで、県内では今年、自衛隊の不発弾処理隊の出動回数が1.6倍に急増。事故のおよそ2ヶ月後には、「不発弾対策基金」が創設され、10月には、県内に、どれだけ不発弾があるのかを収録した、データベースも公開されました。国の担当者「事業者が持っているデータを一元的に統合しまして、一般の工事に携わる方もこれを見ていただくことによって、今回(糸満)のような事故がないような形でできないかと」

このデータベースは、地図上の場所で、過去に不発弾が見つかったかどうかや、すでに磁気探査を終えたかを確認できますが、事故の再発を防ぐ、具体策とまでは言えません。また、不発弾対策基金の目的は「被災者への補償」。事故の再発防止には繋がりません。不発弾の上での生活を強いられる沖縄。不発弾がなくなるのはいつなのか。国が責任を果たすまで、この問題から目をそらすことはできません。


ひき逃げが続発。被害者の同級生「(ウォーキングの)途中で会って、大体6時ごろ会いましたね。彼も歩いてるなということで帰ってきたんですけど、まさかそういうことに…」那覇市と読谷村で相次いだひき逃げ事件。那覇市で起きたひき逃げでは、容疑者のアメリカ兵の身柄引き渡しは事故の4ヵ月後。読谷村の事件では、同じくアメリカ兵の容疑者が出頭を拒むという、県警の足元を見るような対応。日米地位協定の壁の前では、思うような捜査ができない現状をまざまざと見せつけた事件でした。

裁判員から外された人「そうですね、一度はやってみたかったなという気持ちはあります」「書面が届いた時点から緊張しました。(落選して)正直ちょっとほっとしている」事件報道は通常、発生から時が経つにつれて社会の関心は薄れるもの。しかし今年始まった裁判員制度は、国民から選ばれる裁判員に注目が集まり、判決という「事件の結末」が最も注目されるという、逆転現象を起こしました。県内で今後、裁判員裁判となる事件は、すでに12件起訴されています。「開かれた司法」という狙いを達成できるのか、今後が注目されています。


焼け出された人「起きれ!火事!ということで飛び起きて、後ろ見たら倉庫のところに火がついていたので、お父さんが「逃げろ!」っていうことで、財布だけ持って外に出たら、すぐ火の手が回って」浦添市で、連続発生した火災。密集した住宅街で続いた大火災に、地域住民は不安な毎日が続きました。警察は、住宅に放火して2人を殺害したとして近所の男を逮捕。現在責任能力の鑑定が行われています。

那覇市のガーブ川で起きた、鉄砲水による事故。作業員ら4人が押し流され、翌朝、全員が遺体で見つかりました。この日那覇市では、午前中全く降らなかった雨が、午後12時半ごろから局地的に降り始め、1時間に48ミリの大雨となりました。気象予報士「山ではないですけど、丘みたいな状態で囲まれている。ぐるっと囲まれているので、この川に対しては一箇所に集中しやすいところがあったと思うんですね」急激な気象変化に対応した安全対策の検討が進められています。


そして—防げなかった悲劇—中学生集団暴行死事件。県警の会見「本島中部に居住する男子中学生5名いずれも14歳を米盛星斗くん14歳に対する傷害致死の容疑で逮捕いたしました。」少年らが警察に語った集団暴行の理由は「生意気だったから。」そんな理不尽な理由で命を落とした男子生徒の無念は計り知れません。男子生徒の母親は、今年4月ごろから、学校にいじめの相談をしていたといいます。しかし学校側は、どのような対応を取っていたのか明らかにしていません。

県内では、2002年、2003年と、集団暴行事件が繰り返されるたびに、再発防止が叫ばれました。もう2度と、同じ過ちを絶対に繰り返してはいけません。同様の集団暴行で息子を失った女性は、事件後沖縄を訪れ、生徒らに、こう語り掛けました。

市原さん「どんなに辛くても、悲しくても、おじいちゃん、おばあちゃんになって寿命が尽きるまで、生きて生き抜いてほしいと願っています。」社会に大きな課題を突きつける事件が相次いだ2009年。来年は、いくつこの課題がなくなっているでしょうか。
スポンサーサイト



<< 2009年の総括 経済 | ホーム | 2009年の総括「選挙」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP