FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バヌアツと中国、パプアニューギニアと豪州・中国

2005年8月の太平洋諸島ニュースをお送りします。

中国はバヌアツと外交関係を結んでおり、経済援助だけでなく、軍事的関係も強化しています。太平洋島しょ国は米国だけでなく、中国など、多国間との関係強化という外交関係の多様化を進めています。


8/2 PIR
 バヌアツが中国から防衛支援を受け入れる。

中国政府は、バヌアツ政府に対し様々な警察事業として29万2千ドル以上の援助金を提供する。援助金により制服、器具、バス、乗用車が購入される。またバヌアツ政府の要請により、中国政府は軍事訓練に関する支援を行う。バヌアツの代表団が人民会議副議長を訪問した際、副議長はバヌアツの「一つの中国政策」に対し満足していると述べた。



パプアニューギニと豪州との関係は深く、政治経済、軍事的介入が顕著です。豪州は資源供給地としてだけでなく、自国の安全保障上でもパプアニューギニが重要であると認識しています。



8/3 PIR
 英国外交官が、パプアニューギニアは豪州依存を脱すべきであると述べた。

パプアニューギニア(PNG)の英国高等弁務官であるデビッド・マックレオドは、PNGは豪州だけでなく、他の英国のコモンウェルス諸国や欧州共同体(EU)諸国との二国間関係にも幅を広げるべきであると語った。

マックレオド氏は「PNG政府の仕事の90%は豪州に関係するものである。PNGが様々な国と二国間関係を有することにより、色々な方法で利益を得る機会を手に入れることができる。」と述べた。


近年、経済的には中国と関係が深くになっています。中国と太平洋島しょ国との貿易投資額でも、パプアニューギニアとのそれが突出しています。同時に、日本企業も近年、液化天然ガス開発に巨額の投資をしました。

8/8 PIR
 米国の研究者が、パプアニューギニアに対する中国の影響力が増大していると警鐘を鳴らしている。

米国の研究者であるピーター・ブルックス氏は、中国は経済成長、エネルギー消費、軍事力の強化、巨大な市場等の面で台頭してきており、パプアニューギニアや他の太平洋島嶼国に対する関与を深めていると述べた。特にPNGは中国の「一つの中国政策」を支持しており、また最近、同国のニッケル開発事業に中国企業の参加を認めた。

スポンサーサイト



<< エフエムうけんの開設 | ホーム | 自治、独立、カジノ(ブログ対話) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP